FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

まだまだアリです。今買っても後悔しない、スプリングコートが集結しました。

実はスプリングコートというのは名前だけ?

スプリングコートという名前に惑わされますが、実際は秋でも十分に着られるものが多いんです。「この時期に新調するのはナンセンス」と考えるのはまだ早いですよ。ということで、秋をも見越したスプリングコートをまとめてみました。Tシャツ一枚で過ごせてしまえそうな昼間だけど、やっぱり朝・夜は心許ない。ということでどうぞご覧ください。

ブランドの手腕を発揮した一着

ss00836

紹介したスタッフ
LINKS 酒井 浩平

ブランドらしさを存分に味わえる『Edwina Hoerl(エドウィナホール)』のビッグトレンチコート。大ぶりなシルエットにロング丈、深い襟ぐりやワイドな袖丈等のディテールはブランド色を感じさせます。生地にはブランドオリジナルで作られたサマーウールを使用し、夏相応の顔つきの仕上がり。ウェストには同生地のベルトが配され、トレンチコートの体裁がしっかり保たれています。オーバーサイズでありながら上品にキマる一着です。

形状記憶糸を使用した男らしい一着

ss00838

紹介したスタッフ
Lampa 遠山

ミニマムな見た目で、高い機能性も持つ『Still by hand(スティルバイハンド)』の形状記憶フードコート。クシャクシャにしても伸ばせば戻るという形状記憶糸によって織られた生地は、マットな質感でありながら体に馴染みやすい優れモノ。これだけで上等なものと察しがつきますが、着心地も目を外せないです。肘にはダーツを施しているため、動きやすさを担保。男らしく機能的な一着です。

素材が目玉の一着

ss00839

紹介したスタッフ
ROOT

リュックに限らず、アパレルも見逃せない『F/CE.®(エフシーイー)』のスプリングコート。裂けの進行を防ぐリップストップと吸湿速乾性・伸縮性に長けたクールマックスストレッチを素材に迎えたことにより、この時期重宝すること請け合いなこちら。サイドにはジッパーが施されているため、シルエットに遊びをきかせることも。軽装すぎる暑がりさんは要チェックですよ。

光沢感とスッキリとした印象を持つ一着

ss00840

紹介したスタッフ
wien

独特な雰囲気漂う『FIRMUM(フィルマム)』のライトモールスキンノーカラーコート。主にミリタリーアイテムに用いられるモールスキンを使用しながら、甘撚りによって柔らかくクタッとした表情に仕上がった一着。同素材のパンツも展開されており、セットアップで合わせたら、一層雰囲気漂います。

ブランド色を添えたワークコート

ss00837

紹介したスタッフ
store a 一明 徹

角ばったデザインで、少々野暮ったい印象のワークアイテムとは一線を画す『LIVING CONCEPT(リビングコンセプト)』のワークコート。一枚仕立てでは出せない上品な佇まいが印象的です。丸みのあるシルエットでワーク土臭さは半減、加えてシンプルなデザインになっているので着回しにうってつけ。ワークアイテムに苦手意識を持つ方にこそ、手にとってほしい一着です。

ロングカーディガンの感覚で涼しさを

ss00842

紹介したスタッフ
Euphonica 井本

暖かくなるとともに単色に飽きを感じるこの時期は『MOSODELIA(モソデリア)』のチェスターフィールドコート。ウィンドウペイン柄に心が躍る一着は、素材にクールマックスを迎え夏をそのまま楽しめる可能性を秘めたアイテム。着用感も「コートよりロングカーディガンのニュアンスで羽織れる」ということなので、一人でファッション性も涼しさも醸成したい方はぜひチェックを。

Tシャツにスプリングコート、それだけでサマになっちゃうから堪らないですよね。コーディネートに時間を要してしまう方にはとりわけいいかもしれません。

気になるスプリングコートがあった方はぜひお早めに提案してくれたショップへ。また、自分も気になるアイテムがあるという方はぜひアプリでショップスタッフに聞いてみてはいかがでしょう?

MORE FOR YOU

見逃し厳禁なヤングアンドオルセン。大人向けプリントTがEDIFICEに入荷中です。
半袖が苦手な大人へ。肘が隠れる半端丈トップスのすすめ。
父の日ギフトにおすすめのパイルT、サンダルetc.|今週末の買い物メモ#06
地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選