FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

大人も気兼ねなく穿ける、ワイドパンツ5本をチェック。

今やファッションシーンに根強く定着しているワイドパンツですが、大人には少々若者志向のような気がして敬遠してしまうという方もいらっしゃるのでは?でも、大人としての体裁を保ってくれる条件をクリアしたパンツであれば、穿ける、いや穿きたいときっと思うはず。

そこで今回は綺麗に見えて、だらしなくない、それでいてストリートっぽくみえないという条件を加味したワイドパンツをご紹介致します。私的観点からして前述の三条件が大人も気兼ねなく穿ける条件と心得ているのですが…。何はともあれ、参考にどうぞご覧ください。

着想源はタイパンツ、生地はバーバリー

04031211_58e1bd6a258d3

紹介したスタッフ
LEN Sho Yamamoto

アイテム名にあの名ブランドのネームが…『Ä(エィス)』のバーバリーワイドパンツ。タイパンツから着想を得たフロントデザインが特徴的。しかし、生地には着想源であるタイとは相反するバーバリークロスを採用しています。極端にワイドなシルエットと光沢感のある上品な雰囲気を纏う生地と相まって、調和のとれたサマに。こちらの一本でスタイリングの雰囲気を一変してくれますよ。

イージー仕様だけど、作りはイージーでない一本

ss00898

紹介したスタッフ
SEEK&FIND

『*A VONTADE(アボンタージ)』のリネンラックスパンツ。ウェストゴムのイージー仕様でありながら、どこか上品な面構えをみせるこちらの一本。その上品さはリネンの素材感にあり、そのサラッとした穿き心地も春夏仕様でこの時期にたくましい限り。極端に太くないワイドシルエットで大人の体裁保て、リラックス感もあります。ここまでの上等なパンツは探しても中々見つからないのでは?

拘りのオリジナルチノ生地

ss00899

紹介したスタッフ
MARBLE Shimizu

廃らない定番『orslow(オアスロウ)』のビリージーン。厳選した糸によって織り出したオリジナルのチノクロスを採用。2タックの入ったゆとりある腰周りから裾にかけてテーパードがかかり、大人も敬遠しない収まりの良いシルエットへの仕上がりに。また拘りの生地により経年変化が見込め、穿き込むごとに変化していくサマを楽しむことができます。

皆が買うなら、間違いない

ss00900

紹介したスタッフ
ACROSS THE VINTAGE 鈴木

ショップオープン以来のロングセラーアイテム『ACROSS THE VINTAGE(アクロスザヴィンテージ)』のワイドチノパン。ハリ感のあるコットンを採用し、特殊な加工によって光沢感を演出しています。さらにその光沢感は洗っても落ちることなく、長く愛用することができるなのだとか。シルエットはストレートで馴染みのあるモノ。ショート丈アウターと合わせ、裾を溜めて穿くのが私的好みです。

別注でダブル仕上げ

0b10ca9019247b655bf3

紹介したスタッフ
LILY kosuke kato

別注によってアップデート『CESTERS(ケステル)』のツイル2タックトラウザー。前シーズンではウールを素材に使用していましたが、今シーズンは通年で穿き込むことができるツイル生地を採用。また別注によって裾をダブルに仕上げ、スッキリとした印象と足元で遊べる仕様に。ウェストには2タックが入っているため、リラックス感を味わいながら着用することができます。ハイカットでもローカットスニーカーでもフィットする一本です。

本記事で気になるワイドパンツがあった方は、ぜひ提案してくれたショップへ行ってみてはどうでしょうか?また、自分もショップスタッフに服を提案してほしいという方はぜひアプリをDLしてみてくださいね。

MORE FOR YOU

2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足
【SHOP BLOG】ネクストハブアグッドデイ?〈アボンタージ〉のカットソーが入荷です!

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド