FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

今欲しいのは、羽織りもの。寒くなったらササッと着れて、暑くなったらササッと脱げます。

「春なんてなかったんや…!」とTシャツやショーツを紹介していたのに、今週に入るとすっかり春に逆戻り。やっぱり、こういった気温差を乗り切るためには、ササッと羽織れて、ササッと脱げる。そんな羽織ものが必要不可欠なのかも。

今ならば春ジャケットは少し暑すぎるので、アウターならノーカラー、トップスならシャツ+αくらいの厚さがベスト。ということで、ショップスタッフが提案してくれた中から、今週の気温ならこれぞ!というのを探してきました。羽織ものという響きに惹かれたら、ぜひどうぞ。

カーディガン感覚で使えるニットポロ?

normal_07ba0e15

crepuscule – Knit Polo LS ¥17,280 (tax inc.)

一般的なポロシャツのイメージを覆す、サラッと着脱可能なニットポロ?ハイゲージで編み立てられたニットポロはフロントボタンを開ければ、カーディガンのように着こなし可。上品な素材感なのに、ドロップショルダーで抜け感のあるシルエットになっているというバランスも良いんです。まさに「クリーンとゆるさを兼ね備えた」と言える一品。

ざっくりを羽織れるを超える、ざっくり具合

normal_cf1aa0ec

AMERICAN RAG CIE – CORDURA FABRIC シャツ ¥16,200 (tax inc.)

着丈86CM、身幅138CM(!)というかなりビッグなワークシャツは、耐久性に優れたコーデュラファブリックを使用したもの。バッグにコーデュラのネームが付いているのは今や見慣れましたが、シャツについているのはかなり新鮮。ざっくりを超える、ざっくり具合で羽織ってみましょう。

ハマる人には、半端なくハマります

2017_237766

sofar – COLLARLESS BLOUSON ¥34,560 (tax inc.)

ラングラーの1stをソースに、大幅にデザインアレンジを加えたノーカラーブルゾン。お得意のドロップショルダーに、バックにタックを取りドレープを持たせたシルエットは、男らしさと女らしさの中間をいくもの。ハマる人には、半端なくハマる一着です。

あのバンドとは違ったアプローチで

2017_02_mbp136552

F/CE.® – TRACK JK ¥34,560 (tax inc.)

春先から某バンドの影響で人気が出ているトラックジャケットだけど、私的にはこれくらいアレンジを加えていた方がさり気なくてカッコいいと思う。Plaiantexというハイテク素材を採用しているので、機能面は防水、撥水、防風、2wayのストレッチという最強布陣。梅雨にマンパ的な感じで使うのも良さそう。

重たく見えないミリタリー

113530580_o1

blurhms – Two-Ply Bush Shirt Jacket ¥33,480 (tax inc.)

重たくみえがちなミリタリーモチーフのジャケットを軽快に仕上げた、シャツジャケット。サファリジャケット特有のマチのある立体的なポケットはそのままに、細番手の糸を高密度に織って薄手に仕上げた生地を二枚同時に縫製。そうすると、重たさを微塵も感じさせない、むしろ空気感のある雰囲気になるんです。

色合いが素材の良さを更に引き出す

ss00834

bunt – BOTANICAL DYED COVERALL ¥28,944 (tax inc.)

何と言ってもその春らしい素材感と染めに目を引かれる、カバーオールジャケット。淡く奥ゆかしい、とでもいうのでしょうか?アンニュイな色合いが、素材のコットンリネンの良さを更に引き出しております。カバーオールというよりはシャツジャケット的な感覚で使えそうですね。

暑くなると、次は冷房対策。結局、程よい薄さのトップス、アウターって年中必要な気も…とすれば、今の時期に買っても遅いということはないのかも。気になる羽織りものがあったなら、ぜひお早めにショップへ。また自分もショップスタッフから服を提案してほしいという人は、アプリをDLしてみてくださいね!

MORE FOR YOU

地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足
キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品
ビルケンシュトックのチューリッヒ、チャンピオンのTシャツ(80’s)etc.|今週末の買い物メモ#05

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選