FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

靴下に気配りできてる?快適な履き心地でオールシーズン履ける精鋭たちが集まりました。

アンクレット、ソックス、クルーソックスなどなど、靴下だけで様々な種類が存在している訳ですが、TPO云々関係なく、一足でオールシーズン網羅してくれる靴下があったら最高にGOOD。ということで今回は、オールシーズン履ける靴下をご紹介。拘りの素材によって四季を跨げ、且つ履き心地も良いという精鋭たちが集まったので、どうぞご覧ください。

コンセプト通りです

ss00911
LIVING CONCEPT – スリーピースソックス ¥4,536 (tax inc.)

コットン・ポリエステル・ポリウレタンの3素材を用いて作られたこちらは、薄すぎず厚すぎない絶妙な仕上がりみせる一足。長さのあるリブはフィット感を生み、履き心地も至高なものへ。黒と白のカラー展開もLIVING CONCEPTに則しており、同ブランドの芯を感じさせます。コメントで「一度試してください。」とおっしゃるスタッフさんの一言が、私的に身に沁みます。

デザイナーも惚れ込むその履き心地

ss00913
BRU NA BOINNE – ヘビーシルクソックス ¥3,024 (tax inc.)

ソックスブランド“HUE”とのコラボによって作られたこちらは、非常に希少な編み機によって織られた逸品。それにより適度な肉厚加減でふっくらとした履き心地を実現。さらに使用したのは高級素材ヘビーシルクのため、肌触りも柔らかく快適なもの。カラー展開も豊富のため、どの色に決めるか難航しますね。白、紺、黒の中に、赤を入れてくる感じがなんともブランドらしくGOODです。

アメリカ雰囲気の日本製

ss00914
& LIFE SOX – VARSITY ¥1,944 (tax inc.)

1960年代の古き良きアメリカの雰囲気を纏うこちら。かつて日本で流行ったアイビースタイル等々のアイテムを着想源に作られているため、凛々しい佇まいです。革靴との相性は言わずもがな、どのシューズと合わせても、良いアクセントになってくれますよ。

靴下でありパペットでもある

ss00915
DESIGN AGAINST TREND – パペットソックス ¥1,512(tax inc.)

しっかりとした作りで履き心地も良好のこちらの一足は、遊び心感じるデザインが特徴的。シンプルなチューブソックス(=かかとと前後ろのないソックス)に赤い輪が入っているため、サンダルのお供としていい仕事してくれるはず。また靴下としての用途だけでなく、パペットとしても用いても可。「オールシーズン履けるだけでなく、オールシーズン遊べます。」と井本さんが言う通り、手や足を入れてお子さんと戯れてみてはいかがでしょう?

憧れのメジャー

ss00916
ROSTER SOX – MLB Baltimore Orioles SOX ¥1,944 (tax inc.)

オリオールズのマスコットキャラクターが刺繍されているメジャーリーグのオフィシャルアイテム。通常コットン糸を4本入れるところを、5本入れることでタフな作りへ。リブのテンションはきつくなく、心地の良い履き心地は健在。野球好きの方は、どうぞ。ちなむところ、上原投手はメジャー一年目はオリオールズだった気がします。

オールシーズン履ける靴下なんて願ったり叶ったりなアイテムがあるなんて…。生きてきた20数年が悔やまれます…。ご紹介したアイテムはカジュアル・フォーマルシーン関係なく履けてしまうので、買うしかなくないですか?

MORE FOR YOU

寒さに打ち勝つための優秀ミッドレイヤー。
今年のベストソックスはなに? #編集部のラジオ
密かにトレンドです。今年欲しいベスト4着。
【11月】編集部がよく着たスウェットシャツ
渋谷セレクトショップのイチ推しアウター5選
挨拶が気持ち良い、似合わないも言ってくれるetc…みんなが思う「いいお店」 #編集部のラジオ

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  3. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. 今年よく履いたスニーカーを教えてください!|#2 LINKS 半田亮