FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ラフ≠ビッグシルエット。これを着て、穿いて、ラフライフを満喫しよう。

ラフ≠ビッグシルエット

今年もやってくるフェスやバーベキュー、花火大会などの夏のイベント。そんなカレンダーを所狭しと埋め尽くす行事には、やっぱり「ラフな服」で迎え撃っていきたい。トレンドとしてはビッグシルエットが主流なわけですが、それがそのまま「ラフ」になるかというと、そうともいかないんですよね。ラフにはラフなりのラフがある。ということで、これから連続していくイベントをさらに盛り上げてくれるアイテムたちをご紹介していきます。ぜひ、ご覧を。

今っぽいテイストが加わったアイテムたち

ss00932

WILLY CHAVARRIA – カットソー ¥17,280 (tax inc.)

ラルフローレンのメンズデザインを担当した経歴を持つ同ブランドデザイナーですが、正統派スタイルを提案していたそれとは一変。ウィリーのアイテムたちは見て取れる通り、ワイドに設定されたものが目に入ります。右上に位置するカットソーはボリューム感のあるシルエットが魅力的。右下のカットソーは胸ポケが配され着丈が短く、身幅が広く設定されたシルエットの持ち主。アメトラの代名詞ラルフとは一線を画すナウいテイストが加わったアイテムたちは、17SSを存分に楽しませてくれるでしょう。

お洒落な刺繍の擬態

09ccc4e438c55678b2a0

TALKING ABOUT THE ABSTRACTION – Re-make Cuba Shirt Shorts ¥17,280 (tax inc.)

今期のトレンドとして名を挙げるキューバシャツをリメイクし、ショーツとなって生まれ変わったこちらの一本。あしらわれた刺繍部分は同色に染められ、着回しやすさが考慮されたデザインとなっています。スタイリングにいい塩梅のアクセントを生み出し、且つやり過ぎていない感じが◎。ビールと葉巻が似合うのはキューバシャツだけではないのです。

コスパ良しのスウェットショーツ

higsaw

JIGSAW – HEAVY WEGHT FLEECE SWEAT SHORTS ¥8,424 (tax inc.)

大人の男性にこそ穿いて欲しいスウェットパンツ。コットン100%の厚手スウェット素材を使用することで、裏毛の柔らかな肌触りと良好な穿き心地を演出。ご覧の通り、ウェストはイージー仕様でドローコードが配されているので調節可能。同ブランドならでは拘りの素材、ここまでクオリティーでこの値段、買わない手はないです。

軽く羽織れる爽やかレーヨンシャツ

ss00935

SHIPS JET BLUE – レーヨン オープンカラーシャツ ¥11,880 (tax inc.)

清涼感があり夏らしいレーヨン地を使用したこちらは、開襟で男らしい側面もある一着。素材はもとより爽やかなブルーも季節感を感じさせ、視覚的にも気持ちがいいですよね。ライトな着心地で羽織りものとしても丁度よく、インナーとしても十分に活躍してくれます。素材柄、そしてトレンドとして名高いオープンカラーのため、この時期にはぴったりの代物です。

デニム、カットソー、ショーツ、シャツ様々なアイテムが揃いましたね。パキッとした平日は気疲れしてしまうので、休日はぜひラフライフを送るべく、ご紹介したアイテムたちを。

MORE FOR YOU

クラークス、レッドウィング…今履きたい“カジュアル”な革靴はコレです。
今年の気分はロング丈!編集部おすすめの秋冬アウター4選
Yeezy Gap、フェイスマスクetc…最近のカニエ・ウェスト改め「Ye(イェ)」について。#編集部のラジオ
ヤンキース風味はマイルド。〈シュプリーム〉のベースボールTシャツ #地味シュプ
今着たいスウェットはカレッジ?それともアートミュージアム?
いま欲しい〈ディッキーズ〉は「874」よりダブルニー。JSの別注が今年も冴えてます。

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  3. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  4. 失敗しないメンズパーカー12選。ショップ店員おすすめブランドとお手本コーデ
  5. 「サーマル」ってなに?基礎知識から、失敗しない9ブランドまで