FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

今年の夏の皆勤賞。良柄なオープンカラーシャツを4着解禁。

開襟シャツ、解禁。

多くのブランドがリリースしていることから見て取れるように、開かれた襟でいかにも夏なオープンカラーシャツが今季はアツい。もともとは暑い国々の人々のためのものだけど高温多湿な日本も例外じゃない。今回はそんなトレンドと気候のちょうど重なりに産み落とされた17SS必携のオープンカラーシャツをピックアップ。

Shall we 麻雀?

normal_abd2969e
ブルーナボイン – BFWシャツ ¥27,000 (tax inc.)

「I ♡ NY」やバンドTなど、その人の趣味や思想を表すツールは数多あるけれど、麻雀に関わるメッセージをここまでストレートに表現したアイテムはなかなか見ない。しかも生地にはシルクとレーヨンを使用しているのだから、いよいよ唯一無二の存在に等しくなる。しっかり今の空気感を反映したルーズフィットだし、麻雀好きじゃなくてもこのアイデアに惹かれた人は一度お試しあれ。

オリジンたるデジャヴシャツ

normal_7f831d0d
NOMA t.d. – Summer Shirt-Wanderer Paisley ¥20,520(tax inc.)

「オリジナル」と聞くだけでたちまち見る目が変わるのは、それ自体他の人と被る可能性が低くなるから。かといって「オリジナル」が過ぎてどこかのブランドと特定されるとそれはそれで悔しい。アロハらしかぬ渋みのあるグレーとペイズリー&フラワーのオリジナルテキスタイルの融合は、他にはないけど既視感を感じる程よさが良い。綺麗なスーツのインナーにどうぞ。

コスパに優れた本場からのアロハ

normal_cf8bcc3e
Robert J.Clancey – アロハシャツ ¥8,424(tax inc.)

ハワイの工場による日本人のための、ひいては人民による人民のための夏のアロハシャツは、本場ハワイのフレーバーを十全に感じれるご機嫌な一着。同国では子供から大人まで幅広い世代で愛されているブランドというだけに、初めて購入する人にとって手に取りやすい価格が非常に魅力的。Tシャツの上からと言わず、素肌のすぐ上で思う存分涼しげなレーヨン素材を味わいたい。

越境したペイズリー

S1701MSH25_0
Sofar – BOWLING SHIRT ¥19,440(tax inc.)

もとはイギリスのペイズリー市でこの柄の織物が量産されるようになったことから名付けられた上品なペイズリー柄も、今季は開襟シャツにのせられて異なる雰囲気に。袖には同ブランドらしく80年代風のロープパイピングを使用したり、動きやすさに考慮したバックのアクションプリーツの裏にはドットを差し込むなど、若干のキュートさも交えてジェンダーレスで着たい仕上がり。三色展開なのでチェックをお忘れなく。

MORE FOR YOU

#08 EasyGo Athleticsのスポーツソックス|勝手にソックス名鑑
【1月】給料日の買い物メモ
スウェット上下はカラー選びが大事。今欲しいのは〈スポーティアンドリッチ〉のセットアップです。
アメリカの古着屋って最近どんな感じ? #編集部のラジオ
大人のミリタリーウォッチ。どっちの別注を選ぶ?
EDIFICEのセールで見つけた「買い」な6品。

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  3. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  4. 【1月】給料日の買い物メモ
  5. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」5選