FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

フロントロゴと「さよなら」を告げた無地キャップが、これから皆さんの頭を日差しから守ってくれます。

大胆にあしらわれたフロントロゴが醍醐味にして、シンボルにもなっているキャップ。結果としてストリートに見えすぎてしまい、持っているアイテムとの相性を考えた時、何かと宙ぶらりんになってしまいがち。

ということで、今回はショップスタッフがオススメする、無地のキャップをご紹介。ロゴがないなら大人も敬遠せずに気兼ねなく被れるはず。どうぞご覧ください。

本格派のベースボーラー

ss00956
POTEN – RIPSTOP BASEBALL CAP ¥7,992 (tax inc.)

ハリのある生地感に加え、経年変化による表情の変化も楽しめるリップストップを使用したこちらの一品。内側には本革を使用し、アジャスターはなしという日本製の本格派。フロントロゴを配さない、ミニマルデザインの仕上がりは大人も被れる証拠。NEW ERAと一線を画す秀逸なアイテムです。

魅惑のウルトラスエード

ss00955
KIIT – ULTRA SUEDE CAP ¥8,640 (tax inc.)

毎シーズン、帽子ブランド「MASACA HAT」と定番でリリースしているコラボアイテム。今季は高級素材であるウルトラスエードを使用。上品な印象を受ける一品へと仕上がっています。コットン、リネン、ポリ素材などから逃れ、変化やアクセントを加えたい方は、こちらのウルトラスエードをセレクトすべし。

細部の拘り光る一品

ss00954
tone – BASIC 6P CAP ¥7,560 (tax inc.)

20/10ツイルを生地に採用することで、滑らかで光沢のある佇まいに仕上がったこちら。サイズ調節ができるベルトにはヌメ革を使い、大人も被れる上品さをプラス。またワンウォッシュ加工を施しているため、風合いが増し、洗濯しても縮むといった心配も御無用。ここまでお綺麗な顔立ちをしていて、実用性もあるので買わない手はないです。

被ればたちまち小洒落感

ss00957
DECHO – KOME CAP D-1 ¥7,452 (tax inc.)

高級ワークウェアに用いられる高密度のウェストポイント生地をツバ裏に使用しているため、タフに仕上がったこちらのキャップ。調節ベルトには上品なレザーを使用しており、なんと取り外し可能という気遣い。デニムの経年変化を楽しむための洗濯がじゃんじゃんできますよ。丸めてバッグに収納してもOK、被れば、たちまち小洒落感を出してくれる優れものです。

普段キャスケットかハンチングしか帽子を被らないですが、キャップも偶にはいいのかと。帽子は型でスタイリングの雰囲気が変わるから面白いですよね。

MORE FOR YOU

サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足
キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品
ビルケンシュトックのチューリッヒ、チャンピオンのTシャツ(80’s)etc.|今週末の買い物メモ#05
防水スニーカーではなく「防水スプレー」で梅雨を乗り越える #編集部のラジオ
これぞ、ザ・サンダル。ビルケンシュトックのアリゾナ #今週の一足
いつものスニーカーを梅雨仕様にチェンジ。ジェイソンマークの防水スプレー #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選