FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

トレンドのオープンカラーシャツを押さえたら、お次はその上に羽織るアウター探し。

弊社のアプリ内でも求める声を多く見かけるアイテムの1つであり、今季のトレンドとしても名高いオープンカラーシャツ。しかしそれ一枚では、この時期の昼夜の気温差に適応することができないですよね。

そこで欲しくなるのが、それに合うアウター。あの特徴的な襟元を殺してはナンセンス。今回はそんなオープンカラーシャツと好相性なジャケットをご紹介します。ジャケットの新調を考えている方は、合わせてご参考に。

「トレンドのオープンカラーと相性抜群です。」

ss00973
Sasquatchfabrix. – 50S STRIPE RAPEL JKT ¥64,800 (tax inc.)

俗にⅠ型と呼ばれる、前ダーツのないボックスシルエットが特徴的なこちら。生地にコットンリネンのストライプ柄があしらわれたものを使用しているため、ハリがあり上品な光沢感があります。また半翼仕立てで涼しく軽量になっているので、通年で着用することができます。ご覧の通り、オープンカラーシャツとの相性はGOOD。少々派手なアロハを仕込んでも良さそうです。

「オープンカラーだとより夏感が演出できます。」

ss00974
HAVERSACK – シアサッカージャケット ¥35,640 (tax inc.)

凸凹によって肌の触れを極力抑え、清涼感を味わえるシアサッカー素材を使用したこちらの一着。その清涼感はあしらわれたストライプからも窺え、触覚だけでなく視覚でも涼しさを味わえるデザインになっています。肩パット等々は排除され、リラックス感のあるシルエットでありながらも随所への拘られたディテールによりチープにならず、上品な一着へ。無地のオープンカラーと合わせるのが、正攻法でしょう。

「外しの効いたデザインのジャケットがしっくりハマる。」

ss00975
Garage.U.W – Garage.U.W WEATHER JK BLOUSON ¥38,880 (tax inc.)

生地に高密度のストレッチウェザーを採用した、軽く清涼感があり、かつシワになりにくいという、夏に求めるべきポイントを網羅した一着。またラペルを立てればブルゾンとして、倒せばジャケットとして着用することができる二面性の持ち主。オープンカラーとの組み合わせも間違いなしでしょう。

ジャケット&シャツと完璧の布陣なので、合わせるボトムスはショーツでも良さそうですね。真夏に突入する前に、嗜むのも悪くないですよ。

MORE FOR YOU

水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに

RANKING

  1. スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
  2. スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
  3. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。