FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

より清涼感のある装いへ。夏に嬉しい薄手ショーツをご紹介します。

極力、夏は薄着でいたい。

タンクトップ or Tシャツにショーツ。これが夏、究極の薄手スタイリングになると思うのですが、その中でさらに素材にも拘れば、より清涼感を味わえる装いになるのでは?

ということで、今回は薄い生地だけど、透け感は一切なしのショーツたちをピックアップ。まずは夏のボトムをかためて、より一層清涼感のあるスタイリングを楽しみましょう。では、どうぞご覧ください。

上品×スポーティーの一本

ss01024
tim. – sports shorts ¥29,160 (tax inc.)

薄く、肌触りの良いシルクレーヨン素材を使用した、お題通りの一本がこちら。アイテム名の如くスポーティーにウェイトを置いているのが見受けられますが、シルクのおかげで上品さも兼ねた仕上がりに。Tシャツとシャツ、どちらをトップスに持ってきても「正解」を得ることはできますが、できればシャツで上品×スポーツとのシナジーを楽しんでいただきたいアイテムです。

同色のマドラスチェックが決定打

ss01025
EEL – Beach Boy Shorts ¥17,064 (tax inc.)

一見では無地と解釈してしまいますが、よく見ると分かるこのマドラスチェック柄。同色でそこまで柄の主張がない分、大人の方も気兼ねなく穿けてしまうのがGOODです。裏地にはメッシュを採用することで、高い通気性と快適な着用感を味わえるように。家庭洗いも可能で実用的という側面から見ても、唆られます。

清涼感あるベーシック

ss01026
FREEMANS SPORTING CLUB – EMMET SHORTS ¥14,364 (tax inc.)

今季、新たにリリースされたこちらの一本。ウェストはバックがゴムでフロントがドローコード仕様という、リラックス感あるイージータイプ。素材もシアサッカーを用いているため、薄く軽量、且つ清涼感のある着心地。ベーシックな見た目と相まって、手を付けやすいのでは?

シャツ用の素材を使用?

ss01027
STILL BY HAND – リネンシャツ素材ショーツ ¥15,120 (tax inc.)

シャツ用のリネンを使用した、薄手で通気性の良さ抜群のこちら。シャツ用となると気になるのが「透け」ですが、そこは心配御無用。裏地に薄手のコットン生地をあてダブルフェイス仕立てにしているので、お気に入りの下着も透けることはありません。同素材のジャケットも用意しているとのことなので、夏場にセットアップを楽しみたい方もチェックしておきましょう。ビジカジで単体使いを目論む方もぜひ。

スウェット的で少し違う

ss01028
BREAD & BOXERS – LOUNGE SHORT ¥8,100 (tax inc.)

上質なコットンにポリエステルを混紡した天竺生地を採用したこちらは、一般的なスウェットシャツほど厚みがなく、カットソーより厚みのある絶妙な肉厚加減の一本。ウェストはゴムと紐が施され、ラフに穿ける仕様になっています。快適と馴染みのある穿き心地のため、ついついオンオフ関係なく一日中穿いてしまいそうです。

ブランドらしさが存分に味わえる一本

ss01029
NO CONTROL AIR – アセテート×ポリエステルダブルクロスワイドショーツ ¥21,600 (tax inc.)

アセテートとポリエステルを素材に迎えたことにより、ストレッチ性があり、薄く軽い仕様に仕上がったこちらの一本。ウェストはゴムなので着脱しやすいのはもちろんのこと、ギャザーによってゆとりを持たせているため穿き心地もかなり良好です。

魅惑の2way、シルエットはサルエル

ss01031
sofar – SARUERU SHORT PANTS ¥19,440 (tax inc.)

昨年のモデルから大幅にアップデートし、生まれ変わったこちらの一本。コットンナイロンの2wayストレッチ(※縦、横に伸びるということで2way)を使用し、フィット感ある快適な穿き心地を演出しています。ウェストはゴム仕様でサルエルシルエットになっているので、リラックスしてゆったり穿けます。

アウトドアシーンでスイム

ss01030
O.N.S – Solid Swim Short ¥11,405 (tax inc.)

光沢のない起毛したピーチスキン地を使用したこちらは、シンプル且つクリーンな印象を受ける一本。ベーシックな見た目でありながら、ウェストはこちらもゴム仕様でリラックスして穿けるもの。スイムショーツという名の如く、膝上丈で海や山などアウトドアシーンでも重宝しそうな匂いがしますね。

涼しさを求めすぎるあまり、トータル・ファッション・アドバイザーYOKO FUCHIGAMI氏の「裸が究極のお洒落」という言葉を鵜呑みにしてしまっては、たちまち公然わいせつ罪で捕まってしまいますのでお気を付けてくださいね。

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】これくらいの太さがちょうどいい。大人が穿きたいイージートラウザー
いま欲しいノースフェイスの服ってある? #編集部のラジオ
クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足
【SHOP BLOG】本物のアメリカンウェア。トレイズマンのペインターパンツが好評です!
スニーカーの雰囲気は突然に #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド