FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

春夏アイテムの代表格である、ギンガムチェックシャツをCheckしておきましょう。

春夏アイテムの代表格、ビジカジアイテムの一要員でもあるギンガムチェックシャツ。

そんな、この時期ぴったりのアイテムを押さえておかなければ、勿体ない。ということで、今回はオン・オフ使えるギンガムチェックシャツをご紹介。カジュアルシーンでもビジネスシーンも使えるアイテムだけあって、そこは選りすぐりしたいですよね。では、ショップスタッフがオススメする、ギンガムチェックシャツをどうぞ。

季節感も備わった堅実者

ss01032
SERO – ギンガムチェックBDシャツ ¥16,200 (tax inc.)

シャツと言えば、言わずと知れた老舗ブランドからこちら。見ての通り、特に気張ったデザインはなく、いたってスタンダードな見た目ですが、寧ろそこが親しみを感じさせます。爽やかな水色の、やや大ぶりなギンガムチェックも見逃せないポイント。年を重ねたダンディーな方ほど雰囲気出そうなので、ぜひ大人男性に着ていただきたいですね。

上質な生地、それを支える縫製

ss01035
AMERICAN RAG CIE – THOMAS MASON ギンガムチェックシャツ ¥19,440 (tax inc.)

こちらに使用しているのは、世界最高品質と言われるエジプト産超長綿を用いて高密度で織られた生地。拘りは生地だけに非ず、それらを引き立たせるべく、「折り伏せ縫い」という縫い代の見えない、すっきり且つ頑丈な仕上がりになる縫製を施しています。最高品質の生地に、高級シャツのような縫製…愛好家も唸ります、この一着。

リピーターも多いザ・カジュアル

ss01034
MANUAL ALPHABET – ギンガムチェックボタンダウンシャツ ¥10,260 (tax inc.)

ギンガムチェックといったら、やはり定番はコットン生地。シルエットは日本人仕様にすべく試行錯誤を繰り返し、スッキリとした絶妙なものに仕上がっています。コスパに優れているため、リピーターも多いとのこと。早めの御決断が求められるでしょう。

目新しいラウンドカラーが特徴

ss01033
ACROSS THE VINTAGE – ラウンドカラークレリックシャツ ¥14,040 (tax inc.)

毛羽の少ない滑らかなタッチに仕上げた高級素材、超長綿のGIZA COTTONを使用したこちらの一着。ギンガムチェックでは中々目にしないラウンドカラーで、これは30年代のドレスシャツをモチーフにした作りとのこと。“上品でデザインも効いている”という、普段ギンガムチェックに抱かない要素を備えていますね。NICEです。

普段好き好んで着用するアイテムではないのですが、ある程度パキッとした機会のときに必要になってくるんですよね。ジャケットとの組み合わせが、安パイだけど一番好きです。

MORE FOR YOU

通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
  5. 水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)