FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

肌寒い朝晩に。季節の変わり目はシャツジャケットが調子いいんです。

日中、特に日差しが強い日はTシャツ一枚で過ごす人が多くなってきましたが、まだまだ朝晩は肌寒い。昼間は暑いけど、帰りのことを考えるとトップス一枚じゃ心細いなど、出かける前に頭を抱えている人も多いのでは。

そんな季節の変わり目はシャツジャケットが調子良くて便利なんです。文字通りシャツの様な生地で作られたジャケットは、軽く羽織れるのに、軽装にみえず、脱いだときにも邪魔にならない優れもの。そんなアイテムをまとめてみましたので、寒暖差の激しいこの時期のお供にいかがでしょうか。

パッカブル仕様でコンパクトに収納できる

normal_0c48d60a
O- – BAGGY SHIRT バギーシャツ O-S-04 ¥27,000 (tax inc.)

ゆったりとした身幅と、コーチジャケット風の襟がブルゾンの様な雰囲気を醸し出しているこちらのバギーシャツ。吸水性、速乾性に優れ、シワにもなりにくいという高機能素材を使用し、更にウエストポーチ型に変形するパッカブル仕様というのが驚き。朝晩は羽織って、日中はウエストポーチにできる、この時期めちゃくちゃ使えるやつです。

ルーズなのにすっきりとした印象

normal_fc0b460c
[Milok] – ZIP SHIRTS/INDIGO ¥29,160 (tax inc.)

フライフロントで、すっきりとした印象のこちらのジップシャツ。今の時期はジップを開けて、Tシャツやポロシャツの上に着れば手を抜いて見えず、しっかりとした着こなしに。冬場はニットやスウェットのインナーとして着用することもできますね。他では味わえないルーズなのにどこかモダンな風合い、一度試したらハマりますよ。

ヴィンテージの様な風合い

normal_2c73f764
MARKA – J.L.UTILITY SH WIDE ¥30,240 (tax inc.)

ジョンレノンが着用していたアイテムを忠実に再現した、こちらのファティーグシャツ。左胸にU.S.ARMY、右胸にはREINHARDTなど、胸元や肩にミリタリーワッペンをデザインすることで、男らしい一着に。オリジナルで製作した硫化染めバックサテンの色褪せや色ムラ、色の抜け感など、ヴィンテージを彷彿させる風合いもグッドです。

秀逸な美しいシルエット

normal_4b7b1033
FFIXXED STUDIOS – FALL BACK SHIRT ¥43,200 (tax inc.)

オーバーサイズなのにだらしなく見えない、美しいシルエットが特徴的なこちらのシャツジャケット。シャリ感のある打ち込みの良い生地のおかげか、ワイドシルエットなのに全く野暮ったさを感じさせません。着丈の長いインナーと合わせればレイヤードスタイルも楽しめますね。

いかがでしたか?季節の変わり目だけでなく、冬になったらインナーとしても活躍してくれるため、この時期に一枚もていて損することはありませんよ。

MORE FOR YOU

EDIFICEのセールで見つけた「買い」な6品。
初買いのニット帽は〈イノウエブラザーズ〉のリブハットでした。 #ととのいま品
ヘビーデューティーで再注目。「シエラデザインズ」のマウンテンパーカーが着たい!
心機一転。バッグを新調するときに検討したい3品。
ロスアパのスウェパン、裾がたまりすぎる問題 #編集部のラジオ
#07 Maggie’s Organicsのクルーソックス|勝手にソックス名鑑

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  3. EDIFICEのセールで見つけた「買い」な6品。
  4. 「サーマル」ってなに?基礎知識から、失敗しない9ブランドまで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド