FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

たまには黒以外で選んでみる。休日向けのシンプルなバックパックをピックアップ!

バックパックで圧倒的人気を誇るのは黒ですが…

とりあえず、バックパックの色で迷ったら黒を選択するのがベターな雰囲気がありますが、結果的に持っているバッグが全部黒みたいな状態になってしまったら、それはそれで健全ではない気がします。

最初は黒だけど、次に買うなら違う色。そろそろ、そんな考え方が浸透してもいいのでは…ということで、今回はオフの日向けのシンプルなバックパックを黒以外の色でピックアップ。黒よりも着る服を選ぶことは間違いないですが、それすらも楽しんでしまえばいいんです。

ファブリックも一味違う、ブルーグレイのデイパック

normal_0e6a72ec

F/CE.® – G.C DAYPACK ¥17,280 (tax inc.)

黒の次に人気のネイビーに近いけれど、少しだけ雰囲気が違うのがこのカラー。落ち着いたブルーグレイの色味は、割りと汎用性が高いと思います。CORDURAで有名なINVISTA社との世界初の試みで制作した「CORDURA® German Croth」を生地に採用しているので、ミリタリーなスタイルにもハマりやすいはず。

赤だけど親しみやすい、絶妙な色合いのバックパック

normal_04088ba1

Millican – FRASER ¥29,160 (tax inc.)

イングランド発の新進バッグブランドによるバックパックは、赤系色だけど、どこか親しみやすさのある絶妙な色合いが◎。本体生地はパラフィン加工されたコットンと再生ポリエステルと高粘度ポリエステルの複合素材“Binic Canvas”が採用。また、見た目以上にポケットが多く内蔵されているので、収納力も抜群です。

無垢な印象を与えてくれる、小ぶりな白デイパック

110006840_o15

This is… – キャンバス・パッカブル・デイパック ¥9,612 (tax inc.)

無垢な印象を与えてくれる、シンプルなデザインの小ぶりなデイパック。こちら、パッカブル仕様になっているので、オフの日だけじゃなく旅行先でのサブバッグとして使うのも良しです。しかし、自分じゃなく、彼女に背負ってもらった方が可愛いかもしれません…(笑)

白だけど、馴染みやすい素材感のラップトップバッグ

normal_f758d083

SANDQVIST – WRAPTOP BACKPACK ¥16,200 (tax inc.)

CORDURAの質感からか、はたまたラップトップというデザインからか、白だけど気軽に取り入れられそうなのが、こちらのバッグ。ノートPCを収納できつつ、荷物の少ないオフの日にぴったりなサイズ感というのが嬉しいところ。

ばっちり白が目立つ、クライミング用バックパック

2_000000000652

DOLDY – STONE ¥11,664 (tax inc.)

チェコ発の本格派バッグブランドによるバックパックは、↑に紹介している白バッグとは違って、はっきりと「白!」と主張してくれる一品。元々クライミング用のロープバッグとして開発されているので、正面ではなく背面にジップがあるという少し変わった構造をしているのも唆るポイント。

時計や革靴で2本目、2足目を遊ぶように、バッグも2つ目からは少しだけ冒険してみるのも良いと思います。背負ったら意外と馴染む…なんてこともあるので、ぜひ。

MORE FOR YOU

インナーは切ります!〈ニューバランス〉のトレーニングショーツ #ととのいま品
まだ買えます。エメレオンドレ×ティンバーランドのスリーアイクラシックラグ #今週の一足
大人のビーサン参上。思わず見惚れてしまう、エルニド フリップス。
アンダー5千円で手に入れる夏の名脇役アイテム5選
ヤングアンドオルセンの人気マーケットバッグ。エディフィス別注はクラシック!
日本よりも断然人気?アメリカでのBB550の勢いがすごい #編集部のラジオ

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  3. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選