FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

夏でもどうぞ。ワンシーズンでは留まらない、ビッグシルエットの白シャツ。

ジャストサイズのシャツは(ビジネスシーン除き)正直この時期は不要。しかし、ビッグシルエットだったらどうだろうか?肌の接地面積が少ない分空気の通りがよく、何より見た目から暑いといった印象が薄い。

しかし、黒やグレーはどう足掻こうとも熱吸収が優れているので、暑いは不可避。残るは白ということで、ビッグシルエットの白シャツを今回はご用意。ぜひ、一読を。

ノンストレスの着心地、プルオーバーシャツ

ss01259
MASTER&CO – BIG SHIRTS ¥12,798 (tax inc.)

夏らしいコットンリネン素材を使用した、プルオーバータイプのビッグシルエットシャツ。身幅が広くサイドにはスリットが入っているため、ノンストレスで着心地は上等なもの。見て取れる通りかなりビッグサイズのため、肌寒い日にはドリズラージャケットやカーディガン等のショート丈のアウターと合わせたらよい雰囲気になりそうです。もちろん、この時期は、一枚でドカンと着てやってください。

カバーオールのようなデザインの一着

ss01260
GROUPIE – BANDCOLLOR SHIRTS ¥20,520 (tax inc.)

高密度に織られたシャンブレー生地を採用しているため、柔らかな着心地で夏場もさらりと着用することができる一枚。着丈を長めに設定したビッグシルエットですが、肩をジャストサイズに設定しているので、だらしない印象はなく、スッキリと清潔感ある佇まいに。また、カバーオールのようにポケットが配されているので、ポケット不足の心配もなさそうです。

古き良き時代から

ss01261
LILY1ST VINTAGE – 1900-1920’s French Smock Shirt ¥17,280 (tax inc.)

こちらのスモックシャツは、細番手のコットンを目を詰めた織することで、上品に見せています。シルエットは現代のシャツに引けを取らないほど綺麗とのこと。味わってみたいですね。「現代でこのような年代のウェアをタウンウェアとして楽しめる『現代の贅沢さ』をご提案致します。」この言葉が私的に身に沁みます。

白シャツの球数が少なく、ビッグシルエット好きの僕としても興味をそそる内容でした。この時期だけでなく、秋を超え、冬まで使えるアイテムなので、買って損という必ずしてないです。

MORE FOR YOU

冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  5. スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を