FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

あらゆる条件をクリア。ビジネスシーンの相方は、このバックパックたちで決まり。

スーツ姿にも違和感がない、A4ファイルが入る、PCが入るなど、ビジネスに関わるのだからそこで使うバッグに求める条件が多くなるのは当然。でも、いざ探そうとすると自分の求める条件のものが見つかりにくかったり。ならば、いっそ全ての条件をクリアしたバッグを見つければ良いのでは?

ということで今回は、ショップスタッフが提案してくれたあらゆる条件をクリアしたビジネスシーンで使えるバックパックをご紹介。ビジネスバッグをお探しの方の参考になれば、幸いです。では、ご覧ください。

平日の逞しい背中に頼れる一品を

ss01313
DSPTCH – DAYPACK ¥31,320 (tax inc.)

ミリタリーを着想源とし、実用性を念頭に置いたこちらのバックパックは、高機能と高耐久、いわゆるミルスペック仕様の逸品。堅牢な生地とシャープなフォルムは平日の男の背中には逞しいサマです。メイン開口部を開けば、PCスリーブと小物などを収納できるポケットが配置され、勝手の効くデザインになっています。背中が当たる部分にメッシュが施されている点も、これまた嬉しいポイントですね。

ビジネスの必要条件を網羅した一品

ss01307
TUMI – TUMI for SHIPS: 『ALPHA 2』 3WAY ブリーフ ¥73,440 (tax inc.)

SHIPSがカラー別注を施したこちらの一品。同ブランドがオリジナルで製造した素材“FXTバリスティック”は、他のバリスティックナイロンとは一味違う、タフな仕上がりをみせているのだとか。またブリーフ、メッセンジャー、バックパックの3way仕様はビジネス、トラベルシーンには有難いですよね。容量もかなり入り、PCスリーブも勿論完備。ICカードの収納箇所も配され、その都会的なデザインも相まって、融通が利くアイテムとなっています。

雨ニモ強く、収納もカンペキなバックパック

ss01309
BLACK EMBER – CITADEL PACK ¥31,320 (tax inc.)

ミリタリーディテールとアウトドアスペックが融合したハイスペックなバックパック。カーボンコーティングをしたバリスティックナイロンは、防水・耐久性能を備えつつ、男らしい、無骨な雰囲気を作り出しています。また15インチのPCが入るスリーブやメッシュポケット、サブポケット等収納スペースは多く確保され、荷物を見失うことを半減してくれる働きを。雨の日も気にすることなく、背負うことができるのは頼もしいですよね。

あらゆる面の基準値をオーバーするスペック

ss01308
F/CE.® – AU ROLL TOP ¥19,440 (tax inc.)

INVISTA社が開発するコーデュラナイロンでもとりわけ強度の高いBALISTICを採用したこちらは、すべてにおいてアベレージオーバーを果たす逸品。メイン開口部はロールトップになっており、タウンユースでも一際デザイン性の高さを感じさせるサマが調子良し。ちょっと荷物の多い休日のお供としても使いたくなるリュックですね。

独特な染色で一風違う雰囲気を

ss01311
SLOW – #49S57E 2way rucksack ¥27,000 (tax inc.)

MA-1で使用されるナイロンを特殊な染色方法によってオリジナルのカラーに仕上げたこちらの一品。そのため、非常に軽く肩への負担が軽減。且つ、ミルスペック仕様でデザイン性も単調でないため、男心を擽りますね。ポケット配置もそれぞれの用途を考慮したものになっているので、便利、快適。ちょっとした変わり種としてこちらを選んでみても面白いですよ。

機内持ち込みギリギリの大容量入る一品

ss01312
ONE OF US – トラベル バックパック (33L) ¥9,504 (tax inc.)

飛行機での移動を想定した、機内にも持ち込み可能なこちらのバックパック。サイドとトップにはハンドルが付いているので3WAYで使用可能。内部には最大18インチのノートパソコンが収納できるポケットが配されており、ビジネスシーンでの活躍も十分に見込めます。背中には海外での利用時に欲しくなるセキュリティポケットも。過不足がない機能を備えながら、このスマートなデザインでこのプライスというのもポイント高々。

スマートな男にはミニマルでスマートな一品を

ss01310
SANDQVIST – BACKPACK ¥14,040 (tax inc.)

今まで紹介してきたアイテムとは一変、スマートなデザインが目を引くこちらの一品。とはいえ、素材には、紹介してきたアイテムたちと同様のスペックをもつコーデュラナイロンを使用。撥水性に長け、非常にタフな仕上がりとなっています。内部には仕切りが設けられているため整理整頓も楽々と。ミニマルデザインでシーンを選ばず使えそうです。

電車通勤の僕は、案の定バックパックを背負っている訳なのですが、やはり両手が空くのでかなり良いんですよね。痴漢被害も両手をあげれば軽減されるわけですし。通勤時はリュックを前にシフトして、両手上げていきましょ。ノーファウルです。

MORE FOR YOU

日本よりも断然人気?アメリカでのBB550の勢いがすごい #編集部のラジオ
【7月】編集部がよくかけたサングラス
ニューバランスの327、パドモアアンドバーンズのブーツ 【編集部のベストヒットフェイシー #05】
【7月】編集部がよく穿いたショーツ
短パン足りてる?真夏のショーツ買い足しリスト
今こそ履きたい〈ナイキ〉のスペースヒッピー #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  3. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選