FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

歩きやすく、疲れにくい。アクティブな人にオススメの「クッション性高し」なスニーカー。

スニーカー選びの一つのテーマになるのが、「歩きやすく、疲れにくいこと」。

革靴やサンダルと比べれば、もちろん履き心地も良く、歩きやすく、疲れにくいのがスニーカーの良いところですが、やっぱり長時間履いているとどうしても疲れが出てくるのは仕方がないところ。

それでも少しでも歩きやすく、疲れにくいスニーカーが欲しいならクッション性や衝撃性に優れたものを選ぶのが吉。今回はショップスタッフが教えてくれた、「クッション性高し」なスニーカー4足をご紹介するので、ぜひご参考にどうぞ。

世界最高峰の履き心地を手に入れたいなら

normal_3fbdf1f6

LUNGE – Adagio ¥34,560 (tax inc.)

今回のテーマでまず一番にチェックしたいのが、高級ランニングシューズメーカーとして名高い『LUNGE』のウォーキングシューズ。一見ローテクに見える地味なミッドソールですが、圧倒的な衝撃吸収性を持っており、その履き心地はまさに「別次元」。アッパーには上質なマイクロファイバーを用い、見た目より軽量で柔らかいフィット感に。世界最高峰の履き心地をぜひご体験あれ。

往年のシューズメーカーが作るランニングシューズ

normal_bfeb59e1

A・SHOES – TRANER ¥16,200 (tax inc.)

福岡・久留米の老舗ファクトリーで作られている、こちらのランニングシューズ。往年の製法でかかと部分が若干高めになっているおかげで、土踏まず部分への当たりが良く、長時間履いても疲れにくいんです。また、シンプルながらクラシックなランニングシューズの要素も垣間見れる絶妙なデザインが物欲を唆ります…。

「めっちゃ履き心地良い!」と驚かれるシューズ

normal_89658da8

aro – Finca Sarga / キャンバスxスエードスニーカー ¥17,064 (tax inc.)

同店で試着した人が「なに!?メッチャ履き心地良い!」と驚くという『aro』のスニーカー。非常にクッション性の高いインソールのおかげで履き心地は良好。また同ブランドは、剛さや重さの要因となる厚紙を使っていないというのも特徴で、これによりしなやかで軽い仕上がりに。人と被りたくない需要にも応えてくれるのも嬉しいですね。

ローテクなのにハイテクに負けない履き心地

normal_3e4bc800

SPRING COURT – G-2 ¥10,800 (tax inc.)

季節年代に関わらず、ずっと愛用できる『SPRING COURT』のスニーカー。見た目はシンプルな顔付きですが、土踏まずの部分を隆起させたインソールのおかげでハイテクシューズに負けない履き心地に。もちろんそれだけでなく、シューズサイドのムレ防止のためのベンチレートホールなど、同ブランドならではの配慮もグッドです。

デザインは良くても歩きにくいスニーカーって、どんどん履かなくなっていくんですよね。やっぱり、よく使うものには機能性がしっかりと合った方が良しです。

MORE FOR YOU

地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足
キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品
ビルケンシュトックのチューリッヒ、チャンピオンのTシャツ(80’s)etc.|今週末の買い物メモ#05

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選