FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

夏のビジカジスタイルを牽引する、リネン素材を使用した渾身の夏ジャケ3着。

ポロシャツ、シャツ、ジャケットスタイル。この時期のビジカジスタイルと言えば、前述のスタイルが定番でしょうか。しかし、ポロシャツはおじさんっぽさが如実に表れるし、シャツだと、普遍的でスーツ出勤方々と変わらないため、ビジカジ出勤の特権を行使できていない。となると、落としどころはジャケットになるのでは?

かといい、季節は夏。分厚いジャケットは毛頭却下だし、コットン地も魅力的だけど、もっと涼感味わえるものがあるはず。ということで、今回はリネン素材を使用したジャケットを揃えましたので、ぜひご覧ください。

男でも見惚れる一着

ss01433
Sasquatchfabrix. – 50’S STRIPE RAPEL JKT ¥48,600 (tax inc.)

夏でも羽織れる理由は、素材にコットンリネンを使用していることと半裏仕立てであることから。しかし、夏用ジャケットというと簡素なイメージがありますが、見て取れる通り、生地特有の光沢とハリ感、そしてあしらわれたストライプが高級感ある佇まいへと昇華しています。ビジカジとしてこの一着を着ていたら、男でも見惚れてしまいますね。

王道にして王道のジャケット

ss01434
Paul Smith – ジャケット ¥59,400 (tax inc.)

涼感ある着心地を持つリネン素材を使用していながら、この正統派な佇まい。高いテーラー技術を誇る同ブランドだけあって、さすがの一言に尽きますね。また、リネン自体しなりのある生地感をしているため、袖を捲っても上等です。「それどこの?」という問いに対して、食い気味で返答しちゃいそうです。

バランスのとれた定番ジャケット

ss01435
STILL BY HAND – リネン混セットアップジャケット ¥34,560 (tax inc.)

ポリエステル・レーヨン・リネン・ポリウレタン。すべて夏に最適な素材で構築されたこちらの一着。カジュアルすぎず、フォーマルすぎない、中間を汲んだシルエットバランスとデザインはビジカジスタイルにぴったりでしょう。定番的に人気を博しているため、早めのアプローチをオススメします。

これらのアイテムだったら、夏でも嫌気が差すことなくジャケットを羽織れると思います。Tシャツの上にサッと着てお洒落にいきましょう。

MORE FOR YOU

サロモン、ホカオネオネ…秋に履きたいスニーカー3足
ゲームシャツはモテない #編集部のラジオ
色出し抜群のご機嫌カラーアイテム8品。
ビジネスで使えるチノパン。おすすめブランド10選
一着は欲しいハードシェル。安心のアウトドアブランドから選びました。
最近のアークテリクスの人気についてどう思いますか? #編集部のラジオ

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介
  3. いま街で人気のメンズキャップブランド15選。
  4. 知らなきゃ損。日本発の国産スニーカーブランド6選
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。