FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

毎日使うバッグは、飽きのこない色を選ぶのが定石です。ネイビーのバックパックまとめ。

夏物セールもひと段落。欲しい服は買えましたか?

ある程度服をストックしたら、次に買いたくなるのはやっぱり小物。特に毎日使えるバッグは優先的にいきたいところですが、そのときに迷うのがどのカラーを選ぶのかということ。

個人的には、迷ったら普段身につけている服と相性の良い色を選ぶのがオススメ。ということで、今回は使い勝手の良いカラーであるネイビーのバックパックをご紹介。もちろん機能性も良好で、オンオフどちらも使えるものも揃ってますよ!

 男をアゲる、3WAYバッグ

normal_b41bcaa6

 TUMI for SHIPS  -『ALPHA 2』 3WAY ブリーフ ¥34,560 (tax inc.)

程よく明るいネイビーが幅広いコーディネートを上品に引き締めてくれる『TUMI』のSHIPS別注3WAYバッグ。メッセンジャーバッグ、ブリーフケースとしても使える3WAY仕様が嬉しいですね。クッション性の高いPC収納用ポケットに加えて、不正に個人情報が読み取られないICカード用ポケットまでついた、まさにデキる男のための一品。

 ミニマルながら作りも機能性も侮れないバックパック

normal_6d9e5e6a

DSPTCH – DAYPACK ¥31,320 (tax inc.)

ミリタリーからインスピレーションを受けた、トラベラー向け高機能バッグを生産する『DSPTCH』のバックパック。撥水性のナイロンを使用し、ファスナーは軍事用にも使われるデュラフレックス社製のものを採用。文句無しのスペックながら、ミニマルデザインのルックスも完璧です。

ミリタリーギア搭載が心踊る、シンプルバックパック

108549961

DEFY BAGS – New Bucktown Pack ¥49,464 (tax inc.)

アメリカ軍のアイテムにも用いられる、ハイスペックのギアを搭載した『DEFY BAGS』のバックパック。表地にはタフなコーデュラナイロンを、裏地には防水機能の高さからテントなどにも使われるターポリン素材を採用。もちろん収納力も高く、メインポケット以外にもPCスリーブからペン差しや鍵用のポケットまで付属した、痒いところに手の届く設計です。アウトドアから普段使いまで幅広く使える、主張の少ないデザインも◎。

 スマートかつ大容量なビッグデイパック

normal_47571a44

TOOLS – Big Day Pack ¥19,224 (tax inc.)

無駄のないスマートなデザインが魅力的な『TOOLS』のビッグサイズのデイパック。内ポケットを無くすことで、コンパクトな佇まいとは裏腹な大容量に。防水加工も施された、カジュアルかつ機能的な一品はオフスタイルに最適。ジッパーの持ち手やハンドルには牛革を使用するなど、細かいところまで抜かりなく作り込まれているのもポイントです。

 シンプルイズベストなバックパック

normal_81dbae57

STANDARD SUPPLY – COMMUTE DAYPACK ¥19,440 (tax inc.)

シンプルな外観に気の利いたディティールを盛り込んだ『STANDARD SUPPLY』のデイパック。素材には、綺麗な発色、耐久性があるコットン60%、ナイロン40%を混紡した通称“ロクヨンクロス”を使用。ショルダーパットには、反発性の高い10mm厚のウレタンパッドを採用し、さらにテープで補強することで、疲れ知らずなフィット感に。持ち手にも堅牢な牛革を使用しているので、手持ちの際にも安心です。

迷ったらとりあえず選んでおきたい安心のネイビー。機能性も高く合わせやすいカラーのバックパックを手に入れて、仕事から旅行まで幅広く役立ててみては。

MORE FOR YOU

ちょっと珍しい、ポロ ラルフローレンのマドラスチェック柄キャップ #ととのいま品
夏のTシャツ傑作選│チャンピオン、グッドウェア、ループウィラーetc…
2021年上半期よく行ったお店 #編集部のラジオ
ジャーナルスタンダードのラガーT、コーヘンのタイダイニットT【編集部のベストヒットフェイシー #04】
このタッグは最強でしょ。〈シュプリーム〉×〈ブルックスブラザーズ〉のバケットハット #地味シュプ
大人のための夏セールが開催中。パックTからキャップ、スニーカーまでエディフィスに揃ってます。

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  3. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選