FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

本格的な装いは気が引ける、自転車乗りにオススメしたい動きやすいパンツ。

細身が良いかといったら、そうともいかないのが自転車

自転車に乗るとき、ファッション性の高いワイドパンツは言わずもがな、反対に細身のものが動きやすいかというとそうはいかないもの。ペダルの最高到達点でどうしても膝に窮屈さを感じてしまいますよね?

そこで今回は自転車ユーザーにオススメしたい、パンツをご紹介。動きやすいことはもちろんですが、中にはオールシーズン穿けるものや雨にも耐えうるものがありますので、ぜひご覧を。

本格的な感じを出さず、タウンユースにも適応できる一本

ss01535
CCP – HACHI 18,360円(税込)

オックスグレーのストレッチが効いたコットンを使用した『CCP』のHACHI。本格とは言えずしても、右後ろのポケットは大容量入るファスナー付きのフラップポケットで、脇にリフレクターを備えるサイクリングを意識した作りが光ります。上品な見た目で、素材自体にストレッチが効いているので自転車通勤の方にぴったりです。

オールシーズンで穿けるサルエル

ss01536
Iroquois – アウトラスト2WAYサージ 24,840円(税込)

高機能素材アウトラストを用いたサージ生地を採用。縦横方向に伸びるストレッチが効いているため、動きやすさが保証されています。また、裾に配されたジップによってシルエットの変更も可能。提案してくれたショップスタッフも「足元がスッキリしているので自転車に最適です。」の一言。すっきりとしたサルエルシルエットは汎用性が高いので、自転車に乗るとき以外にも心強い存在になってくれます。

乗馬と自転車の共通項を汲んで

ss01537
MOSODELIA – JODHPURS 18,360円(税込)

元来は乗馬用であるジョッパーズをMOSODELIA流に再構築したというこちら。スーピマコットンとポリエステルを染め分けて織ったギャバジン生地を採用しているため、光沢とシワになりにくい特性を備えています。さらに撥水加工が施されているので、雨の日も心配なし。「チェーンと干渉しづらい細めの裾幅、…街でのライディングに向いた一本」をぜひ。

ワイドパンツはもたつく、細身は窮屈ということで、これらのアイテムは自転車をヘビーに乗る方にぴったりだと思います。ちなみに、自転車を乗るとき用の裾を絞るテープがあるので、ワイドパンツをどうしても譲れないという方はチェックしてみては。

MORE FOR YOU

地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足
キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品
ビルケンシュトックのチューリッヒ、チャンピオンのTシャツ(80’s)etc.|今週末の買い物メモ#05

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選