FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

革靴は基本から押さえましょう。初めの一足には是非プレーントゥシューズを。

革靴を買うなら、まずはプレーントゥを。

落ち着きのある秋は、少し大人っぽく見せていきたい。そう思うなら、足元もスニーカーから革靴へと変えてみるのがオススメです。今回は革靴の基本型でもあるプレーントゥシューズを3足ご紹介。カジュアル、ビジネス、どちらにも対応できるものが揃っているのでぜひご覧ください。

気鋭ブランドによる、計算された履き心地

normal_183b16a8

delightful tool – プレーントウダービー 59,400円(税込)

神奈川発のシューズブランド『delightful tool』のプレーントゥシューズ。足の内側部分が真っ直ぐになった特殊な形状で、自然な歩行を妨げない履き心地です。ソールにはクッション性を重視したものを厳選。ソールをアッパーに縫い付ける際には軽さと馴染みの良さが特徴の「マッケイ製法」を取り入れています。ビジネスシーンからカジュアルなスタイルまで活躍してくれそうですね。

カジュアルな革靴といえば、このソール

kawagutsu1

SOLOVAIR – 4アイレットプレーントゥ34,560円(税込)

Dr.Martenの生産を受け持っていたファクトリーブランドによる一足です。アッパーはツヤとハリ感が特徴の鏡面仕上げで、高級感ある表情に。逆にソールはDr.Martenのものと同じエアーソールを採用することでアクティブな印象に。エアーソール特有のクッション性と耐水性の高さも備えているので、天候を気にせずガンガン履きこみたいところ。

ミリタリーの意匠を落とし込む

kawagutsu

WHEELROBE – NO.15066 PLAIN TOE BLUCHER 43,200円(税込)

1940年代アメリカの海軍が着用していたサービスシューズをベースに、日本人の足に馴染むよう改良した一足。アッパーには厚手の「クロムエクセルレザー」を使用して、型崩れが起きにくくしなやかな履き心地に。さらに、あえて革に塗料を浸透させない茶芯仕様で、履きこむほどにレザー本来の茶色が浮き上がります。ベーシックなルックスと長年寄り添える剛健さで、一生付き合っていけますよ。

いかがでしたか?デニムからスラックスまで、カジュアルに合わせられる革靴はやはり持っておきたいもの。そろそろサンダル離れが始まる時期なので、検討してみてはいかがでしょうか。

MORE FOR YOU

キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品
ビルケンシュトックのチューリッヒ、チャンピオンのTシャツ(80’s)etc.|今週末の買い物メモ#05
防水スニーカーではなく「防水スプレー」で梅雨を乗り越える #編集部のラジオ
これぞ、ザ・サンダル。ビルケンシュトックのアリゾナ #今週の一足
いつものスニーカーを梅雨仕様にチェンジ。ジェイソンマークの防水スプレー #ととのいま品
今年は無地よりプリント?ナウな気分のTシャツ5枚

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選