FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ロンT全盛期の秋がきた!新調するタイミングは今でしょ。

冬はインナーでスタイリングの下支えをしてくれ、この時期は一枚で主役級の活躍をしてくれる。すなわち、ロンTを新調するタイミングとしてこの時期がベストということ。インナーだけだったら、ファストファッションアイテムで十分かもしれませんが、スタイリングの顔となるアウターとして用いる場合は良いもん携えていきましょうよ。

アシンメトリーでレイヤードにアクセント

ss01549
THEE – Apron 16,200円(税込)

ロングカットソーでありながら、アイテム名にApronのワード。そう、こちらはギャルソンエプロン(前掛け)をイメージしてデザインされた一着。兎角、バックデザインが魅力的なんです。別生地を用いて、裾をアシンメトリーの裁ち切り仕様になっているので、レイヤードの良い味付けをしてくれますよ。染めムラもベーシックなネイビーとは一味違う雰囲気を纏いGOODです。

Tシャツ本来の形+艶やかなパープル

ss01550
CAL O LINE – SOLID COLOR LONG SLEEVE TEE 8,532円(税込)

アメリカ綿を使用した、ハリがありタフなザ・Tシャツ。それでいて、この艶やかなパープルの色味が一際目を引きますね。またアメリカ綿らしいドライな生地感とソリッドな加工により着込むごとにヴィンテージ感漂う、風合いの良い表情になります。また裾から垂れる鹿革を使用した紐もチャーミーです。

お馴染みのボーダーでなく、敢えての無地

ss01551
Saint James – ウエッソン 10,800円(税込)

同ブランド=ボーダーTですが、こちらの汎用性の高さ伺える無地Tも秀逸です。同ブランドを象徴するボーダーに次ぐもう一手、ボートネックも健在。まさに“大人のロンT”と言える落ち着いたデザインが惹きつけますよね。このクオリティで、このお値段というのも魅力的です。

色気と良好な着心地を兼ね備えた一着

ss01552
cleaveland – 「Out of everywhere」 c/long sleeve pullover 11,340円(税込)

特殊染色を施した先染糸を用い、甘めに編むことで風合いの良い表情と肌に沿うしっとりとした着心地を演出した一枚。ネック部分はベーシックなバインダーネックではなく、それを排したスッキリとした清潔感あるデザインになっています。また深いネイビーの色味でさらなる汎用性も期待。

ストリート好きなら持っておくべき一着

ss01553
LILY×COMMON×Hiroyuki Kosikawa – “Too Much Talk”Long Sleeve Tee 7,020円(税込)

シンプル且つメッセージ性のあるモノづくりをする『COMMON』とサブカルに生きる若者達の日常を撮るフォトグラファー『Hiroyuki Kosikawa』がリリースしたTシャツに感銘を受け、LILYが別注し、作られたこちらの一着。特徴は言わずもがな、こちらのバックプリント。シンプルでいてどこか前述のメッセージ性という部分で共通点を感じるプリントに、ストリート好きは待ったなしでお買い求めをオススメしますよ。

まさしくロンT全盛期ですよ、秋は。ここで新調せず、冬に買おうと思っている方は改心してください。助演賞だけでなく、主演男優賞貰いに行きましょう。

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド