FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

涼しすぎてはダメ。微妙な時期に適した、厚すぎず薄すぎないジャケット。

「秋に着る涼しすぎないジャケット」(男性/千葉県)

重ね着を要する時期になってきましたが、ライトアウターが薄すぎて寒かったら元も子もないですよね。しかし、厚すぎても汗との戦いになるというオチ。

そこで今回は、この時期のライトアウター選びにおそらく四苦八苦しているであろう皆さんに、薄すぎず厚すぎない、その中庸をとってくれるジャケットたちをご紹介。テーラードやワークジャケット、デニムジャケットまで揃っていますので、ぜひご覧を。

型崩れしにく、3つ釦定番ジャケット

ss01554
ROTAR – Color fade Classical JKT 27,000円(税込)

まずは、ベストとの重ね着を想定し、身幅と肩は適度にゆとりをもたせたジャケット。落ち感あるチノストレッチ生地と一重仕立てによってテーラードらしからぬ、カジュアル感をプラス。但し、ボタンにクラシカルな雰囲気纏うアンティークゴールドの金属釦を採用することで、全体をグッと引き締めています。同ブランドお馴染みのト音刺繍もフラップにさりげなく施してありますよ。

シャツ生地仕立てのサファリジャケット

ss01556
blurhms – Two-Ply Bush Shirt Jacket 33,480円(税込)

サファリジャケットをモチーフにしていながら、ワークらしからぬゆったりとしたサイズ感が堪らないこちらの一着。袖を通さなければ感じることのできない独特な着心地は、なにやら生地・縫製に秘密がある模様。オーバーサイズ気味にゆったりと着た方が男らしい雰囲気を纏いBETTERとのこと。ちなみに、秋にキャメルは鬼に金棒です。

ジップアップデニムジャケット

ss01555

O.N.S – Denim Flap Pocket Jacket 15,423円(税込)

程よい光沢と淡い色味の上質なシャンブレー生地を使用したこちらの一着。特徴の大きく配されたフラップポケットはサイドにZIPが設けられ、2way仕様に。使い勝手の良さとデザイン性の高さを伺える仕上がりになっています。また袖と肩部分にあしらわれたパイピングデザインも他のデニムジャケットとの違いを感じさせ、スタイリングを一気に男らしくしてくれそうです。

カーディガンのようにフェミニンな印象もないし、この時期大半を占めるシャツでもない。そんな普遍的なデザインではないモノが揃っているので、オススメですよ。

MORE FOR YOU

キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品
ビルケンシュトックのチューリッヒ、チャンピオンのTシャツ(80’s)etc.|今週末の買い物メモ#05
防水スニーカーではなく「防水スプレー」で梅雨を乗り越える #編集部のラジオ
これぞ、ザ・サンダル。ビルケンシュトックのアリゾナ #今週の一足
いつものスニーカーを梅雨仕様にチェンジ。ジェイソンマークの防水スプレー #ととのいま品
今年は無地よりプリント?ナウな気分のTシャツ5枚

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選