FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

これで安心、中年男性の爺臭さを露呈しない帽子たち。

年相応の装いを気にし始める中年のお年頃。なんとなくトップスやパンツ類は想像がつくものの、小物類の境界線は未だ探り探りなのでは?そこで今回は、中年の爺臭さを露呈しない小物、それも帽子をご紹介。中年男性の被り物はNGではないですが、あまり主張の強いものはちょっと…という感じの旨、ぜひ参考にしてみてください。

見えないチェック柄がポイント

ss01642
REDDOGS – メルトンベースボールキャップ 5,184円 (税込)

こちらは、定番にしてロングセラーの一品。特徴は裏面のパイピング時に用いたチェック柄のバイアステープ。見えない部分までも抜かりない洒脱デザインがなされています。また、メルトンウールの温かみ溢れる落ち着いた表情がこれからの時期に一層映えますね。これなら安心でしょう。

アクセントは大きく大胆に

ss01643
ROTAR – Ro Cotton CAP 4,860円 (税込)

通年で被れる定番のコットンを生地に採用。さらに、フロントには同ブランドお馴染みのRoのロゴマークがあしらわれ、単調であったキャップにアクセントを加えています。スタイリングの毛色関係なく、サッと被れば自然と溶け込んでくる一品です。

フロント刺繍と言いたいことは同じ

ss01644
GROUPIE – BASEBALL CAP 7,560円 (税込)

コットン×ウールのオリジナルの生地を採用しているため、非常に柔らかく、ご覧の通り染色の仕上がりも良好。フロントに施された刺繍“GOOD DESIGN”もユニークですね。いいお年頃の方はネイビー、はたまた勇気を振り絞ってオレンジをセレクトするのもアリかと思います。

ヴィンテージを楽しめるインディゴ

ss01645
Django Atour – WORKERS LINEN CAP 9,180円 (税込)

1920年代頃のヴィンテージキャスケットをモチーフに作られたこちらの一品。BRYWBの別注カラーであるインディゴヘリンボーンを施した、軽快なリネン素材を使用。そのため、デニムのように経年変化を楽しめ、よりヴィンテージの風合いを堪能することができます。

キャップ×キャスケットの新感覚派

ss01646
BELLWOODMADE – BASEBALL CASQUETTE 5,292円 (税込)

丸みと被りの深さが特徴のベースボールキャップとキャスケットスタイルをドッキングさせたこちら一品。一見キャスケットに見えますが、被り心地はホールド感の高いキャップというまさに新感覚な出来。これならば、キャスケット敬遠者も手を付けやすいですね。キャスケットを被る中年男性はイケてます。

アレンジも楽しめる堅牢な一品

ss01647
DECHO – HUNTER HAT VENTILE 7,560円 (税込)

ヴィンテージの狩猟用帽子に同ブランドエッセンスを加え、リメイクしたこちら。高密度に織り上げることで耐水・防水性を身に着けたベンタイルを生地に採用。それに加え綿素材特有のハリ感や透湿・通気性を兼ね備え、ミルスペックに近しい仕上がり。ツバをオールアップしてマウンテンハットのように被っても、またベーシックに被ってもOKなアレンジを楽しめる一品です。

キャップ、変わったキャスケット、ハット、様々な提案が募りました。あとはどのスタイリングに取り入れるかのみです。個人的にはジャケパンにキャスケットのスタイル推しです。

MORE FOR YOU

日本よりも断然人気?アメリカでのBB550の勢いがすごい #編集部のラジオ
【7月】編集部がよくかけたサングラス
ニューバランスの327、パドモアアンドバーンズのブーツ 【編集部のベストヒットフェイシー #05】
【7月】編集部がよく穿いたショーツ
短パン足りてる?真夏のショーツ買い足しリスト
今こそ履きたい〈ナイキ〉のスペースヒッピー #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  3. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選