FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

トレンドに左右されない、老舗の定番『Paraboot』のCHAMBORDを改めてご紹介。

ss01653
Paraboot – CHAMBORD 70,200円 (税込)

季節、気温、トレンドに左右されない革靴。大人の足元の最適解とも言えるアイテムですが、老舗ブランドが数多く存在することもあり、ブランド選び、もっと言えばモデル選びに一苦労しますよね。オールデンであればチャッカブーツ、エドワードグリーンであればチェルシー、チャ-チであればディプロマットなどキリがないんですよ。そこで前述したブランドと並列して、多くのファンを魅了する老舗ブランド『Paraboot(パラブーツ)』から、定番品の1つであるCHAMBORD(シャンボード)をご紹介します。

『Paraboot』と一目で感じさせるのは、ご周知の方も多かろうその無骨なウェルト。それを形成するのが登山シューズ、且つ同ブランドでお馴染みのノルウェイジャン製法。このウェルトに施された2本の糸はすくい縫いと出し縫いを表現していて、防水性を高めているんです。さすがにフォーマルなシーンでは控えた方がよろしいですが、その他では万能な働きをしてくれますよ。

しかしその伝統的製法だけに頼らないのが、ここのポイント。アッパーにはこのモデルのためだけに開発されたカーフレザーを採用。通常のレザーより雨に強く丈夫な仕上がりに加え、上品な印象に見せる光沢を表現しています。ソールには衝撃吸収効果が優れたオリジナルの「PARA-TEX」ラバーソール採用し、革靴特有の歩き疲れを軽減。革靴に優れた機能性という言葉はふさわしくないですが、右に出るものはいないと断言できるものです。

多くのファンに愛用されているからこそ「定番アイテム」と言われているので、初めてココのブランドに手を付ける方も安心でしょう。それが老舗ブランドのものとなったら、尚更です。大人の足元に何を持ってくればいいのか迷いが生じたら、拠り所としてココに腰を下ろすべし。

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド