FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

服好きなら見逃せない要素が詰め込まれた『Still by hand』の裏毛スウェットパーカー。

1011878
Still by hand – オリジナル裏毛スウェットパーカー 18,360円(税込)

「近所のコンビニに行くときだけしか着ない」みたいな。

物によっては寝間着の延長線上にあるというイメージを持たれがちなスウェットパーカーですが、この『Still by hand』から展開された一品はそんな考えを一変するものです。

まずもって違うのは、生地。1メートル編むのに対し1キロ以上の糸を使用した度詰の裏毛スウェット生地は、コンビニ用とは絶対に言えない贅沢っぷり。それに加え、1930年から1940年代にかけてアメリカで実在したWALDESの復刻ジップを採用。ヴィンテージ好き、ジップ好きにとっても堪らないディテールでしょう。また、台襟のようなリブを付けることで立体感のあるシルエットを有したフードは、Tシャツに羽織るだけでサマになる生活を可能に。そしてなんとも勇ましい後ろ姿が待っています。

自らセレクトした高円寺・Lampaの遠山さんも、「正直このプライスで、これだけハイレベルなパーカーは他には中々無いと思います。」と、驚きの一言。他のディテールもコンビニ仕様のそれとは一線を画すものに仕上がっているので、店頭で実物を是非。

MORE FOR YOU

通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
  5. 水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)