FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

永年リジッド。WISLOMのデニムジャケットをご賞味あれ。

ss01658
WISLOM – MILLS 42,120円 (税込)

春アイテムとして名高いデニムジャケット。肌寒いこの季も決まって勝手が良い

綺麗なコートのインナーとしてもカジュアルの要素を吹き込み、これまたいい味付けをしてくれるデニムジャケット。意外と春に買うより、この時期に買った方が楽しめたり。

そんなグッドタイミングでご紹介したいのが中目黒のCOPERで取り扱う、『WISLOM(ウィズロム)』のMILLS。毎度ココのブランドアイテムには驚かされることが多いのですが、こちらのデニムジャケットも案の定の出来。

本来、経年変化を楽しむデニムですが、100%のナイロン生地とこだわりの糸を用いることで、色落ちせず綺麗な状態で長く着用できる一着に仕上がっています。すなわち、綺麗めなスタイリングを好む方にはもってこいなわけです。さらに、シルエットもややゆとりのあるもので、往年のブランドにはない今っぽさを兼ね備えています。左胸部分には内ポケを搭載し、まるでジャケットのように扱うことも。

まさに、COPERのスタッフコメントを借りるところの“画期的”。

Levi’sとはまた違ったアングルでお楽しみいただける一着。スタイリングの幅も幾分か広がるため、ご満足いただけると思いますよ。

MORE FOR YOU

究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)

RANKING

  1. チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド