FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ロゴ被りは御免。良質で、バレないマウンテンパーカー。

ノースフェイス、パタゴニア、チャムス…

アクティブさと機能性を兼ね備えたマウンテンパーカーですが、いざ探すとなると王道ブランドに目が行きがち。確かに機能性もデザインもそちらの方が安心感はありますが、いざ街へ着ていくと人と丸被りすることも。

そんな悲劇を避けるなら、「ロゴでバレてしまわないブランド」で、どうせなら「質が良いもの」を探したいところ。今回はその2つの条件を満たす、選りすぐりのマウンパたちをご紹介していきます。

スラックスともフレンドリーな関係

medium_e8a1ce8c

[Milok] – LONG FIELD PARKA 71,280円(税込)

まずは、[Milok] による、アーバンでどこかレトロなアノラックです。レイヤードを意識したロング丈や、ツバ付きのフード、長めに作られたサイドジップなど、実用性がありながらスタイリッシュなディテールが随所に。素材には今では希少となった“アムンゼン織り”を採用し、特有の光沢感とシボ感のある肌触りです。その洗練された仕上がりは、スラックスすらフレンドリーな関係にしてしまうほど。ぜひ一目見てほしい一着です。

過去の名モデルをアップデート

10141434_59e1a1cfb09d1

HOLUBAR – DEER HUNTER PARKA 79,920円(税込)

1978年の映画『ディアハンター』でロバート・デニーロも着用した名品を復刻した、クラシカルなマウンテンパーカーです。オリジナルモデルと同じく、風合いあるコットン・ナイロン生地を採用しつつ、特殊な加工を施すことで耐久性をアップデート。ダウンにもイタリアの大手メーカーによる高品質なものを用いて、着心地もより快適に。現代の技術が活きながらも古き良き佇まいは、街中でも埋もれない個性を発揮してくれます。

スマートに着られる、ミニマルデザイン

medium_d4a10d12

INDEPENDENT TRADING – WATER RESISTANT WINDBREAKER JACKET 8,424円(税込)

様々なストリートブランドがボディとして採用するファクトリーブランド、『INDEPENDENT TRADING』のナイロンジャケットです。生地には撥水加工が施され、防風機能も完備した快適な着心地が特徴。無駄のないミニマルなデザインも良く、アウトドア要素は薄めで、より軽快に着用できそうです。フードと裾にはドローコードが付き、ボタンは真鍮製と、ディテールまでこだわりながらもこの価格を実現したのは驚きです。

男らしいブラックに心酔

medium_69dccc76

MANIFATTURA CECCARELLI – WX MOUNTAIN JACKET 91,800円(税込)

男の中の男の洋服を追求し続ける、ハイクオリティなイタリア発ブランド『MANIFATTURA CECCARELLI』のもの。黒一色の潔い色使いや、素材に使われたワックスドコットンのしなやかな艶感が渋さを醸成します。ライニングにはフリースを採用し、首元をしっかり覆ってくれるハイネックも相まって、防寒性能も文句ナシ。機能性からルックスまで唯一無二な、大人の男に贈る一着です。

個性的ながら、機能性もしっかり兼ね備えたマウンパばかりでしたね。定番を個性的に着こなすのも格好いいけど、人と被らない名品を探し出すのも一興。もし中々見からないなら、ショップスタッフに尋ねてみるのも一つの手です。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足
【SHOP BLOG】ネクストハブアグッドデイ?〈アボンタージ〉のカットソーが入荷です!
オーガニック産マギーズギャングソックス #ととのいま品
【SHOP BLOG】春と言えば「ブルーストライプ」。カットソー専門ブランドから爽やかなシャツが届きました

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド