FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

日本の匠、詰まってます。一生モノになる可能性を秘めた『bunt』のグランドファーザーニット。

ss01687
bunt – 5G GRAND FATHER SWEATER 35,424円 (税込)

先日、公開した老舗から新鋭まで揃えた厚手のニットの記事は読まれましたか?そこでも紹介された兵庫 ,(comma)で取り扱う『bunt』のグランドファザーセーターを今回はもう少し深堀していきます。

昨年、2016SSにスタートした同ブランド。冒頭でいうところの新鋭に位置するのですが、このニットの品質は老舗ニットメーカーをも凌ぐほどとのこと。60年の職人技術が詰まった白石メリヤスに委託し、そこで一人の職人が手横編機でゆっくりと編み立て手間隙かけて仕上げているんです。

糸には極上の肌触りと最上の保温性を持つ、カシミヤに匹敵するほどの特性を持つ超極細平均16.5マイクロンのウールを採用。さらにその糸を贅沢に使用し、目を詰めた両畦編みにすることでタフな性格を持ち、一生使えるような仕様に。ごついといった印象はなく、柔和な雰囲気を纏っています。チクチクしない、暖かい、柔らかい、タフという修飾語を並べた実用的なニットは滅多に拝見することができないですよね。

現に携わった職人も「ここ20年で随一の仕上がり」と感服してしまう次第。胡散臭く聞こえてしまう“日本の匠”という言葉も型にハマってしまうこちらの一着。ぜひ一生の愛用品になりうる可能性は高そうです。

MORE FOR YOU

冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介