FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

大人の男なら持っておきたい、10年着られるウールコートとは?

気づけば多少値が張っても、良いコートを手に入れたい年齢になっていた。

ただトレンドを追うだけがファッションの良さではないと気づくと、急に長く付き合っていけるコートが手に入れたくなります。一生モノ、となると少し気負いすぎな気もするので、まずは10年選手と成り得るものから探してみるのが吉。それでは、ショップスタッフに聞いた、10年着られるウールコートたちをどうぞ。

ゆるさがツボな、バルマカーンコート

normal_52520242

tim. – BALMACAAN COAT 71,712円(税込)

ゆとりあるシルエットで、ジャケパンスタイルの上からでも無理なく羽織れる『tim.』のバルマカーンコート。ラグランスリーブでリラックス感がありながら、比翼仕立なのでボタンを閉めた際もスマートな印象。内側はフリースライクな素材を用いた暖かくソフトな肌触りで、袖部分にはキュプラを用いることで滑らかな袖通りに。ネイビーの安定感ある色味や長すぎない丈感も相まって、オンオフ関係なく活躍すること請け合いです。

ありそうでない、ラップデザイン

normal_41c81c14

GARAGE.U.W – WRAP COAT NAVY 62,640円(税込)

巻き付けるようにベルトで固定するフロントデザインが新鮮な『Garage.U.W 』のコート。世界総産毛量8パーセントと言われる希少な“タスマニアウール”を採用し、見た目にも上質感溢れるルックスです。落ち感を楽しめるリラックス感に加えて、一枚仕立てでロングシーズン楽しめる軽快さも。繊細かつストレスフリーな着心地に意外性あるデザインが光る、他では中々お目にかかれない一品です。

110余年の伝統が詰まった、最高級コート

normal_55b57c65

INVERTERE – “NEWTON ABBOT” JOSHUA ELLIS 159,840円(税込)

1904年創業の老舗ブランド『INVERTERE』が手がける、ブリティッシュトラディショナルの魅力が詰まったダッフルコートです。その質実剛健な佇まいを引き立てる堅牢な生地は、英国の最高級老舗メーカー『Joshua Ellis』のもの。肉厚で暖かく、それでいて軽量。そのハイエンドな着心地は袖を通した瞬間に分かるはずです。トグルにはリアルホーンを使い、フードにはチンストラップが付くなど、細部までこだわりが詰まった由緒正しい一着。

ミルスペック顔負けの本格Pコート

normal_30f674b2

FIDELITY – 24オンス ミディアムピーコート 42,120円(税込)

米海軍用のミルペックウェア開発にも携わった、『FIDELITY』のPコート。24オンスのタフなメルトンウールを使用して、大人の風格漂うルックスに仕上がっています。Made in USAにこだわりつつも、スッキリしたミディアム丈と野暮ったさのない身幅で、日本人にも着こなしやすいシルエットにアレンジ。上質な素材使いと時代を選ばない定番の形に加えて、このリーズナブルさは買いじゃないでしょうか?

一粒で二度楽しめる、レイヤードデザイン

normal_c084ba47

WHITE LINE – TASMANIA WOOL LAYERED COAT 70,200円(税込)

先ほども登場した“タスマニアウール”を採用した、きめ細かくふんわりと起毛した素材感が特徴の『WHITE LINE』のコート。インナーにナイロンコートをレイヤードしたようなデザインが特徴で、見た目の個性だけでなく高い防寒性も確保されています。モッズコートを襟付きにアップデートしたようなシルエットも使い勝手良く、ロング丈のコーチジャケットのようなライナーは単体でも使用可能。一着持っておくだけで、コーディネートの幅がグンと広がりそうです。

シルク混のさりげない高級感

normal_f76b81d2

O.N.S – GRANT TOPCOAT 42,509円(税込)

ベーシックかつクラシカルな『O.N.S』のチェスターコート。メイン素材であるウールにポリエステルを配合することで強度を保ち、シルクを混ぜることでドレッシーさも醸す、まさに良いとこ取りな生地が特徴です。ミドル丈に設定することで幅広いボトムスと相性バッチリ。やや斜めにカットされたポケット口や、絶妙な曲線を描くウエストなど細部まで宿るブランドのこだわりも見逃せません。

世界中で愛され続ける、スタンダード

normal_65596534

GLOVERALL – SLIM FIT DUFFLE COAT 64,800円(税込)

最後に紹介するのは、1951年の創設以来、世界に愛されるコートを製作し続ける『GLOVERALL』のダッフルコート。こちらは、定番モデルの「512C」を日本人仕様にアップデートした一着です。アームや身幅はタイトに作られ、丈も野暮ったさのない絶妙な長さに。チンストラップが付いているので防風対策もバッチリで、フードからチラリと見えるトラディショナルなタータンチェックも秀逸。長年着られ続けているからこその安心感をたっぷり味わえます。

長年の相棒として申し分ないコートばかりでしたね。いつもより少し贅沢に買い物をして、良いものを身につければファッションも楽しくなれそう。一年頑張った自分へのご褒美にも、手に入れてみてはいかがでしょうか。

また、FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

大人のビーサン参上。思わず見惚れてしまう、エルニド フリップス。
アンダー5千円で手に入れる夏の名脇役アイテム5選
ヤングアンドオルセンの人気マーケットバッグ。エディフィス別注はクラシック!
日本よりも断然人気?アメリカでのBB550の勢いがすごい #編集部のラジオ
【7月】編集部がよくかけたサングラス
ニューバランスの327、パドモアアンドバーンズのブーツ 【編集部のベストヒットフェイシー #05】

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  3. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選