FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

買い直さなくて良いアウターを。110年の歴史を誇るインバーティアのダッフルコートをご紹介。

スクリーンショット 2017-11-02 19.41.22

イギリス、インバーティア

車と一緒で靴の品質は値段に比例すると言われるけど、他のアイテムはそうとは断言できないんですよね。

そんな価格と質とのバランスの見極めが難しい世の中で、「まぁこれならこの値段」と言えるものを今回はご紹介。それは、1904年に誕生したイギリスブランド『INVERTERE』の代名詞であるダッフルコート。

スクリーンショット 2017-11-02 19.41.07

他のそれとは似て非なるものにしているのは、老舗高級生地ブランド“JOSHUA ELLIS”によるヘリンボーンウール生地を採用していること。生産効率の悪さと反比例して得られる生地目の美しさは、ダッフルコートにおいて最高峰にして随一。それは多くのハイメゾンも採用するほど。肉厚で暖かく、軽さと柔らかさを両立させているのが特徴です。

スクリーンショット 2017-11-02 19.45.26

それに続き印象的なのが、ダッフルコートの顔となるフロント。パーツにはリアルホーントグルとレザーループが採用され、船上を出自とするアイテムも一気にタウンユースの面構えに。

また本物志向をくすぐる首元のチンフラップも見逃せないポイントです。シルエットは程よくスマート。クラシカルであると同時にモダンな印象で、これ一着あれば盤石な備えになるのが見て取れます。

安くていいものが巷に溢れているけど、一生愛用できるか?というと少々疑問。幅広い年代で着ることができるダフルコートを、自分だけでなく次世代をも視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか。まずはアプリから取り扱いショップへお問い合わせを。その次は店頭で。接客を通してこの一着にぜひ袖を通してみてください。

紹介アイテム:INVERTERE – “NEWTON ABBOT” JOSHUA ELLIS 159,840円(税込)

MORE FOR YOU

通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
  5. 水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)