FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ダウンの真髄を感じる、Ahe’hee×ZANTERのWネームで送る“FUYUSHOGUN”。

ss01706
Ahe’hee×ZANTER – FUYUSHOGUN DOWN JACKET 81,000円(税込)

正直なところ、都心部の気候にダウンジャケットはやりすぎじゃない?なんてことをこの時期には思うけど、いざ冬本番に直面すると話が違ってきたり…?そうなると高単価なアイテムだけあって慎重にことを運ぶには、ある程度吟味するのが必要。置きに行ってブランドで選んでは周りと被ることも多く、生半可なダウンでは後悔してしまいます。

そこで今回は、先日公開した「今年はどんなダウンを選ぶ?ショップスタッフのオススメをご紹介!」という記事でもご紹介された『Ahe’hee×ZANTER』のダウンジャケットをピックアップ!このダウン、本当に優秀なんです。

fuyushogun-02

日本南極観測隊へダウンウェアを納入し続けている日本国内で最初のダウンメーカー『ZANTER』と都会的フォルムに落とし込む『Ahe’hee』のWネームであるこちら。優秀すぎると編集部が唸るこの一着の魅力は、ダウン(=中綿)とルックスにあるんです。

一般的に良質なダウンと言われるのは500~600フィルパワー。お馴染みのカナダグースもここの数値に属すわけですが、この一着はそれを凌ぐ800フィルパワーのものを採用。それでいて暖かいのはもちろんのこと、柔らかく軽い特性を持っています。都心部の冬だけでなく、東北、北海道、いや北欧の寒さも凌ぐことができそう。

となると、ついつい嵩張った無骨な印象を抱いてしまいますが、ご覧の通り、スタイリッシュなルックスを保持。機能的に振れ過ぎることなく都会的な佇まいに感服です。さらに、このハイスペックな一着がこの価格で手に入るとなったら争う相手もきっと多いこと。兎角言いたいのは、早い者勝ちです!

MORE FOR YOU

日本よりも断然人気?アメリカでのBB550の勢いがすごい #編集部のラジオ
【7月】編集部がよくかけたサングラス
ニューバランスの327、パドモアアンドバーンズのブーツ 【編集部のベストヒットフェイシー #05】
【7月】編集部がよく穿いたショーツ
短パン足りてる?真夏のショーツ買い足しリスト
今こそ履きたい〈ナイキ〉のスペースヒッピー #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  3. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選