FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

巷で高まるダウンへのモチベーション。とにかく暖かいダウンジャケットが揃ってます!

これからの時期に着るアウターの選択肢としては、コートかダウンジャケット。曲者を入れるなら軍ものになりますが、やっぱり馴染み深いのはこの2択。しかし、最近の潮流としてはどうやらダウンジャケットが熱いらしい。それが単に日本の気候が寒くなったからか、はたまたダウンの性能がみるみるアップグレードしているからか。

分からずとも、ここはそんな流れに乗ろうということで、今回はとにかく暖かいダウンジャケットを揃えました。注目ブランドのダウンジャケットからジャケットを飛び越えコートと化したものまで。今季のダウン探しの参考になれば、ぜひ。

都会の冬にはスマートな一着を

ss01727
EDIFICE – ストレッチダウンブルゾン ¥34,560(税込)

こちらは都会的なダウンへと落とし込まれた『EDIFICE』オリジナルのダウンジャケット。表地は東レのストレッチナイロン生地に高機能フィルムを貼ったものを採用。そのため、ストレッチによる動きやすさはもちろんのこと、高撥水、高透湿などといった機能性の高い仕上がりになっています。さらにダウンにはAlied Feather社の700フィルパワーのホワイトダウンを採用し、保温性も抜かりなし。それでいて、このスマートなルックスだから、都会の冬にはもってこいですね。

異名は着る傘、非の打ちどころなしの一着

ss01728
Wislom – johnny Ruga ¥74,520(税込)

昨年に続き、今年も秋冬の注目ブランドに名のりを上げる『Wislom』からのこちらの一着。生地には特殊なナイロン糸を縦横に用いた同ブランドオリジナルのRugaを採用。薄く軽いながらも強度を備えています。また裏には傘の2倍以上の耐水性と撥水性を備えるようコーティングを施し、着る傘とも称されるスペックを確保。ダウンには750フィルパワーの国産のものを使用。随所に光るディテールも他のダウンでは味わえない仕上がり。まだまだ伝えきれない部分は下記リンク先で。

N-3Bをモチーフに、やはり注目のブランドから別モデル

ss01725
WISLOM – JO 2.0 / RUGA ¥85,320(税込)

同じブランドから別モデルを。こちらの一着はN-3Bをモチーフに作られたダウンコート。ダウンには先のアイテム同様に750フィルパワーの高機能国産ダウンを採用しています。敢えてテック系と言われる素材を用いず、ナイロンで構築された表地はやはり他と一線を画す出来。ファッション性の高さが見て取れ、さすが『Wislom』。注目されるべくして、されていることがわかりますね。

高い希少性とギア満載の一着

ss01726
CRESCENT DOWN WORKS – Integral Hooded Parka-DBL RIP-STOP ¥118,800(税込)

北極地などでの着用を想定して作られた同ブランドの最上級モデル“Integral Hooded Parka”をウォルナッツが別注。頑丈で知られるダブルリップストップ生地の発色良いブルーにチェンジ。ダウンには700フィルパワーのホワイトグースを採用し、保温力はもちろんのこと、余分な湿気を放出する特性を保持。巷ではほとんど見かけないモデルに加え、別注となったら、なおさら希少性は高く必然と被ることも少ないです。

民族衣装をベースにダブル仕様がユニークな一着

ss01730
SON OF THE CHEESE – Uryangqai Down Jacket ¥39,960(税込)

モンゴル高原の民族着をベースにデザインされた、こちらのダウンジャケット。フロントデザインはダブルジャケットのようになっており、ボタンはしっかりと首の付け根部分まで止まるようになっています。スッキリとしたシルエットながら、ダウンの保温力はしっかりと確保。袖裾も風の侵入、熱を逃がさぬよう設計され、申し分なし。スタイリングの幅も効きそうです。

これがダウンともいえる王道のシルエット

ss01731
ROTAR – R Hood Down JKT ¥79,920(税込)

左胸に施されたブランドアイコンのRマークが印象的なこちらの一着。ポーランド産のホワイトグースダウンを93%贅沢に使用することにより、ダックダウンの上をいく保温性と軽さを兼ね備えています。また、表地にはマウンテンパーカーで用いられる撥水加工を施した6/4グログランを採用しているため、堅牢且つ雨、雪に強い仕上がりに。元来のダウンらしいボリューム感が馴染みやすいですね。

天邪鬼様にオススメの曲者ダウン

ss01732
TALKING ABOUT THE ABSTRACTION – Re-make sweat down jacket ¥51,840(税込)

古着のカレッジスウェットをリメイクし、ダウンジャケットに仕上げたこちらの一着。表地はもちろんスウェット生地、裏地はポリエステルを採用しギャップのある作り。デザインだけが先行することなく、ダウンも90%しっかりと内蔵しているのでしっかりと暖かい。あまのじゃくの方、おすすめですぞ。

ダウンジャケットならぬダウンコート

ss01733
Edwina Horl – DOWN COAT ¥85,320(税込)

オーバーサイズやビッグシルエットといった比較的モードな洋服を展開する『Edwina Horl』から癖のある一着。ルックスは言わずもがなコートですが、ダウン入り。大ぶりのフロントポケットとフードがデザインアクセントになり、高いデザイン性をみせつつ、保温性を確保しています。癖はありつつもデザインは、都会的で洗練されたもの。インナーに納得いかないスタイリングもこれを着ちゃえば問題なしです。

お洒落は我慢なんて言葉はあるけど、結局寒くても我慢するのは気張りたいときだけでいいんですよね。それ以外は暖かい恰好して外に出ましょう。ダウンはその暖かさを1着で担ってくれます。

ちなみにFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足
【SHOP BLOG】ネクストハブアグッドデイ?〈アボンタージ〉のカットソーが入荷です!
オーガニック産マギーズギャングソックス #ととのいま品
【SHOP BLOG】春と言えば「ブルーストライプ」。カットソー専門ブランドから爽やかなシャツが届きました

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド