FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ハズレなし。7人のプロが選んだ「こだわりのデニム」をご紹介

いつの時代も定番であり続けるデニムパンツ。

そのシルエットや色味のバリエーションは150年近い歴史の分だけあり、何が良しとされるかも常に変遷し続けています。そこで知りたいのは、”今”穿くなら何が良いのかということ。王道アイテムなだけにどれを選んでも外れることはないものの、デニムの最適解は知っておきたいですよね。

今回は、その道のプロであるショップスタッフに”今”イチオシのデニムを提案してもらいました。こだわりある逸品たちをチェックしてみてください。

ツボを押さえた「ルーズシルエット」がたまらない

normal_4fb55cad

O- – IOS COMFORT デニムパンツ インディゴ ¥32,400(税込)

ビッグシルエットがアツい今、抑えておきたいワイドストレート。『O-』のデニムは、立体的なパターンによってより個性的なシルエットに仕上がっています。生地はセルヴィッジデニムを使用し、背面のパッチにはレザーを、リベットはオリジナルの刻印入りのものを用いて、ディテールはあくまでトラディショナルに。やんちゃながらも幅広いアイテムに馴染むそのわけは、古き良きデニムらしさを感じられるからなんです。

品の良さが漂うワイドストレート

normal_e11f4cf9

FIRMUM – スーピマコットンムラ糸インディゴセルビッチワイドデニム ¥24,300(税込)

希少な最高級コットン「スーピマコットン」を用いた、上品な光沢感のワイドデニム。昔ながらのシャトル機で織り上げた13オンスのセルヴィッジデニムは色ムラが少なく、本来のワークウェアとしての姿とは一線を画す高級感に。赤耳仕様に加えてやや短めのレングスに設定されているので、写真のようにロールアップしてもオツですね。極太のワイドシルエットも相まって、存在感たっぷりな一本です。

まさに技アリ。ありそうでなかったデニム

normal_f80cd0f7

MAINU – Backside 5pkt denim ¥28,080(税込)

体型不問の使い勝手を求めるなら、こちらがオススメ。『MAINU』の5ポケットデニムです。テーパードの効いたスリムシルエットを、あえて大きめに仕立てることでやりすぎない細さを実現。裏表逆で構築されており、裏地用の白い糸をベースに表地の紺糸が見え隠れする不思議な風合いにはモードの趣も感じられます。ありそうでないデザインと汎用性の高さで、長く飽きないお供になってくれそうですね。

定番なのに、ここにしかないデニム

normal_c1d25a37

HOSU – 332 DENIM PAINTER PANTS (RAW DENIM) ¥25,920(税込)

流行に左右されないデニムアイテムを制作する『HOSU』のペインターパンツ。やや厚手な16オンスの生デニムで、穿き応え良く育て甲斐もバッチリです。野暮ったすぎない太さのストレートシルエットも良く、バックポケットについたハンマーループも印象的。色落ちが進むごとに浮き上がるバックポケットのステッチにもブランドらしい遊び心を感じられる、ベーシックながら他にない一本です。

ガツンと攻める、豪快ワイド

normal_4100f343

Dulcamara – デニム3タックワイドPT-D ¥27,000(税込)

インパクト重視でいくなら、『Dulcamara』のワイドデニムがオススメ。3タック入りという豪快なボリュームで、ルーズなワタリ(太もも周り)部分から裾に向かって円を描くようにテーパードしたシルエットが目を引きます。12オンスのデニムにナチュラルな経年加工を施した味わいヴィンテージライクな色味も特徴。いつものトップスと合わせても、ガラリと違ったコーディネートを作り出してくれそうです。

「シンプルさ」にこだわりを感じる一品

normal_5f66006c

ROTAR – Neo Denim Pants ¥17,280(税込)

ほとんどの人が持っているデニムだからこそ、一味違うものを提供したいという発想から生まれた、その名も『Neo Denim Pants』。股上が深くヒップラインはややゆったりと、シルエットは細身のテーパードで、快適で着こなしやすい仕上がり。パターンから縫製まで、全て国内の工場で行っている点も安心。オリジナルのボタンやワークワッペンにも本格的なこだわりが感じられ、デニム好きも唸るニュースタンダードといえる逸品です。

確実におさえておきたい「岡山デニム」

normal_2fc8e412

JAPAN BLUE JEANS – 14.8oz US コットン スタンダードジーンズ ¥14,040(税込)

メイドインジャパンのクオリティを世界へ発信すべく生まれた『JAPAN BLUE JEANS』のスタンダードなデニム。ワンウォッシュのヘビーオンス生地で、ハードな履き心地が印象的です。履けば履くほどに柔らかく、アタリが出る様を楽しめるので、一から育てるにも最適。オリジナルのリベットや真鍮製のタックボタンなどディテールにも個性が宿り、隅々までブランドのこだわりが感じられます。

トレンド感だけでなく、今の気分をしっかり反映したデニムばかりでしたね。誰もが一本持っているからこそ、持ち主のセンスが問われやすいデニム。周りから一目置かれるような、秀逸な一本をぜひ手に入れてみてください。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】生地はヴィンテージっぽく、シルエットは今っぽく。〈DESCENTE ddd〉のコーチジャケット
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド