FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

オシャレ登竜門の「キルティング」、プロの着こなしは?

キルティングのアイテムは着こなしが難しい。というより、ある程度印象が決まってしまうから横道に逸れづらい。ビジネスでの用途なら「着こなし」もなにもないけれど、プライベートとなると…。


キルティングを着る

そもそもキルティングとは、防寒・保温を目的に2枚の布の間に薄い綿などを挟み込みステッチしたもの。そのため、スッキリとした見た目ながら保温性もしっかり持ち合わせているのが特徴です。ボリュームのあるアウターが苦手、なんて人にはまさに打ってつけ。

そんな機能とデザインの一致が素晴らしいアイテムであるわけですが、良い意味でも悪い意味でもコーディネートを印象付けてしまうのが難点。オン・オフの着回しを見込めるアイテムだから、文字通りキルティングのジャケットもオン・オフさせたいところ。

171214_FACY0241のコピー
キャップ:EBBETS FIELD FLANNELS、アウター:LAVENHAM、ニット:Mountain Research、ボトムス:RRL、手袋:DENTS、シューズ:CHURCH’S(オールド)、協力:三軒茶屋 SEPTIS|タイガ

ということで、参考になるショットが撮れたのでご紹介。三軒茶屋の名店『SEPTIS』の名物スタッフ/タイガさんは、 レザーグローブにレザーシューズと、フォーマルと親和性が高いアイテムを選びながらオフ仕様のスタイルを披露してくれました。ポイントは足元に差した赤のソックスとジャケットと同系色のキャップ。

今年買ってよかったものに選んだフランケンニットも遊び心が効いており、キルティングジャケットを語る上で欠かせないラベンハムもびっくり。他、チャーチ&デンツと、老舗ブランドが名を連ねていますが、その着こなしは実にアーバン。

IMG_3409

着こなしの選択肢が狭められると敬遠していた方は、タイガさんのスタイルを参考にすべし。

気になるキルティング、
気になるラベンハム、
続きはFACYで。

SEPTISの提案アイテム
タイガさんのスタイルスナップ

MORE FOR YOU

ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに
冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  3. 冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
  4. 今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
  5. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介