FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

「お値段以上」をお約束。プロだからこそ選べた、「一級品スニーカー」

最近の仕事着のカジュアル化の流れを見ると、一足は鉄板のものを用意しておくのが良さそう。では大人が履けるスニーカーの条件は何かと言ったら、履く人によって印象が左右されにくい「ブラック」と「スエード」はアリかも。でもそれでは被ってしまう。どうすれば…?


IMG_8113

お値段以上、シーキューピー

スニーカーらしからぬエレガントな雰囲気を持つのは「C.QP(シーキューピー)」の一枚革で作られたもの。日本ではまだ取り扱いの少ない狙い目ブランド。ハイブランドのスニーカーを手掛けるファクトリーで生産を行っており、この存在感からわかるように、素材の良さ、品質の高さは一級品。

おまけにお値段も一級品かと思いきや、同ブランドを取り扱う2ショップの話によれば(下記、抜粋)そんなことはなく、むしろ品質のわりに安い。

IMG_8090
キャップ:Nine Tailor、トップス:tim.、ボトムス:FIRMUM、シューズ:C.QP、協力:新宿御苑 store a|一明さん

独自のラストを採用しながら、スニーカーでは珍しい細身でエレガントなフォルムに仕上がった一足。では「歩き心地はどうなの?」と言う疑問にもしっかりクリア。幾重にも重ねたクッションを有するインナーソールが土踏まずのアーチをサポート。しかもシャークソールだから快適で安定した履き心地を実現してくれます。

オールブラックで匿名性が高い、ハイエンドなスニーカー。「どんな人が履くべき?」と言う疑問には、上記記事から抜粋した下記の文章がお答えします。

I(一明):これは『C.QP(シーキュピー)』。僕自身がけっこう天邪鬼なんでこういうの好きです。

Y(吉村):あーこれ、うちでも扱ってるんですけど、何と言っても値段に対するクオリティーが高いんですよね。たぶんこの値段帯のブランドの2/3くらいで抑えているんじゃないかな。

I:いいっすよね。人が履いているのを羨ましく思いつつも、結局人が履いてないものが欲しくなる。

Y:すごい思います。C.QPはそのポジショニングでいいところいってますよね。それがうちでも取り扱う理由。本当に誰も知らない。

I:でも本当に誰も知らないから、誰も探しに来ない。

一同:(笑)

\今買えるのはココ/
IMG_8049

store a

住所:東京都新宿区新宿1-24-1#102B
電話:03-6380-1358
時間:12:00-20:00(定休日.木)

MORE FOR YOU

究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)

RANKING

  1. チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド