FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

オンオフ兼用の革靴はこれ!「プロが今履きたい」3足をご紹介

「オフィスカジュアルに合わせやすい革靴が分からない」、「休日に履ける、かしこまりすぎない革靴が見つからない」。そんなありがちな二つの悩みを同時に解決するキーワードは“オンオフ兼用”。というわけで今回は、程よくカジュアルなのにTPO問わず履けてしまう、バランス良好な3足をご紹介。オンオフ問わず輝ける良いものばかりなので、参考にしてみてください。

カジュアルなソールが要

500523193002

HIROSHI TSUBOUCHI – カーフストレートチップ [SALE] ¥15,552(税込)

時代の流れを汲んだデザインを、堅実なモノづくりで形にする『HIROSHI TSUBOUCHI』とEDIFICEのコラボシューズです。光沢感が特徴のカーフレザーをシンプルなストレートチップに落とし込み、柔らかな履き心地も確保。上品なルックスながらもソールはカジュアルなクレープソールなので、デニムでもスラックスでも違和感なくフィットさせられますよ。

色気を醸すスウェードアッパー

normal_065f1859

HIROSHI TSUBOUCHI – スエードUチップ [SALE] ¥15,552(税込)

同じく『HIROSHI TSUBOUCHI』が手がけたこちらは、よりタウンユースな佇まい。アッパーにはマットな質感が大人らしいスウェードを使用し、デザインはベーシックなウイングチップを採用しています。やや丸みを帯びたシルエットも柔和な印象を与え、黒のワントーンという使いやすいカラーリングもGood。メイドインジャパンという点も安心できますね。

いつかは欲しい、パラブーツ

500656173002

PARABOOT – CHAMBORD ¥70,200(税込)

100年以上の歴史を誇る、フランスの老舗ブランド『PARABOOT』による定番モデル。登山用に使われることが多い「ノルウェイジャン製法」を採用しているので、高いクッション性と防水性を誇ります。オリジナルで製造されるラバーソールも特徴で、堅牢さや疲れにくさはまさに格別。無骨ながらも紳士的な佇まいも手伝って、男ならいつかは手に入れたい一足です。

タフでシンプル、かつどこか愛嬌がある。そんな革靴こそ毎日履くにふさわしい一足。質にこだわって買えばメンテナンス次第では一生モノにもなり得るので、是非ピンとくるものを見つけてみてください。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由
スニーカーの次にパラブーツ(PARABOOT)を履く理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. 大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。