FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

温度調節もラクラク。今アウターを買うなら「ライナー付き」が断然オススメ

冬モノへの購買意欲が収まりつつある今、欲しいのはよりライトに着られるアイテム。とはいえ、手に入れたとしても着られるのはもっと暖かくなってから、ということを考えると「まだ早いか」と二の足を踏んでしまう自分もいて…。

そんなジレンマを解決したいなら、温度調節をしやすい「ライナー付き」を選ぶのが吉です。というわけで今回は、春先まで着られるライナー付きアウターをご紹介。息が長い逸品ばかりが揃ったので、ぜひ。

高機能・高コスパの定番コート

normal_907ba300

EDIFICE – T/Cステンカラーライナーコート ¥14,040(税込)

上品なハリ感のあるポプリン生地を用いた、『EDIFICE』のステンカラーコートです。内側には高機能素材・プリマロフトを使用したベストが付属して、保温性もバッチリ。さらにベストは単体でも着用が可能で、フードも取り外しが可能という、至れり尽くせりな3WAY仕様に。そんな文句なしの機能性を備えつつも、アンダー1万5千円で手に入ってしまうコスパの良さも魅力的ですね。

水沢ダウンばりのハイスペック

normal_23e26f43

DESCENTE PAUSE – 別注 ライナーツキフードステンカラーコート ¥31,860(税込)

先ほども登場したEDIFICEが『DESCENTE PAUSE』に別注をかけた、ハイスペックなステンカラーコート。水沢ダウンに使われるものと同じ生地を使用し、高い防水性と保温性を実現しています。グレーのワントーンというシックな配色や、ミニマルなデザインも相まってタウンユースにも最適な仕上がりに。スポーティでアーバンライクなアイテムを手がける同ブランドらしい一着です。

スマートにイケるモッズコート

normal_32e743ba

FIVE BROTHER Modern Heritage Line – 3way モッズコート ¥28,728(税込)

よりカジュアルに取り入れられるアイテムをお探しなら、こちらもオススメ。マットな質感の高密度ナイロンを採用した、タフなモッズコートです。製品染めによって実現したオールブラックの色味も良く、モッズコートながらも大人らしい印象に。野暮ったさのないシルエットやミドル丈も使いやすく、一つ持っておくだけで幅広い場面で活躍させられそうです。

モッズコートを現代的に昇華

normal_a2c37346

SAVEKHAKI UNITED – C/N WEATHER MODS COAT ¥20,736(税込)

ミリタリーやワークアイテムを現代的なデザインにアップデートさせる『SAVEKHAKI UNITED』のモッズコート。元ネタに近いディテールを再現しつつも丈感はすっきりと調整されているので、スマートな着こなしが可能です。コットン&ナイロンの春先まで着やすい素材感も良く、気軽に着られるワードローブとして申し分なしな逸品。

着れば分かる、絶妙シルエット

normal_8f725232

esgrey – バルマカーンコート ¥42,120(税込)

性別や国境を超えた、ボーダレスなウェアを展開する『esgrey』のバルマカーンコート。やや大きめのサイズ感ながらルーズさはなく、着るたびにその魅力を再確認できる秀逸なシルエットです。一見ミニマルなデザインながらも、裏地にはオリジナル柄のキルティングとウール地を使用するなど、見えないところへのこだわりも十二分。着るほどに愛着が湧くような配慮が詰まっています。

買ったアウターが「ライナー付き」というだけで、何だか得した気分になりますよね。長く使えるアウターを手に入れて、季節や着こなしごとの違いを味わってみてはいかがでしょうか?

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足
キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品
ビルケンシュトックのチューリッヒ、チャンピオンのTシャツ(80’s)etc.|今週末の買い物メモ#05

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選