FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

「真冬のダウン」はこれしかない!寒さ知らずの極暖ダウンたち

新年に入ったところで、ダウンのような暖かいアウターを今シーズン買わなかったことを後悔しています。このまま、2月の寒さに耐えられるのか…(というか出不精になりそう)と心配になったところで、今更ですがショップスタッフがオススメしてくれた、本当に暖かいダウンをご紹介。次の冬の参考にするのも良し、セール価格でお安くなっているものも多いので今から備えるも良し。どうぞ。

日本の南極観測隊のダウンウェアブランド

normal_27fcc148.jpeg
ZANTER – DOWN PARKA WP ¥78,840 (税込)

まずは、日本最古のダウンウェアメーカー『ZANTER』が手掛けるダウンジャケットから。最高級のダックダウンを使用し、空気を多く取り込んでくれるので保温性ばっちり。また表地には耐水性、透湿性に優れたものを採用。軽い悪天候なら問題ありません。日本の南極観測隊にダウンウェアを提供しているだけあって、クオリティーの高さは十分でしょう。

-40度でも暖かい一枚

normal_a607c96f.jpeg
WOOLRICH – Laminated Cotton Parka WO1193 ¥108,000 (税込)

お次は、アメリカ最古のアウトドアブランドとも言われる『WOOLRICH』からご紹介。中綿には高品質なダックダウンを使用し、-40度の環境下に耐えられるように作られています。表地は柔らかさを残した撥水防汚性に優れたものを採用。フード部分のファーはジッパーで着脱可能で、合わせるコーディネートを選ばないのもポイントです。

着ぶくれしない美シルエット

normal_b5c3967a.jpeg
WISLOM – WISLOM*EDIFICE JO 2.0 / RUGA [SALE] ¥42,660 (税込)

『WISLOM』×『EDIFICE』のコラボアイテムです。雨傘に使用される素材を使用し、光沢感を抑えてカジュアルな雰囲気に仕上げたダウンコート。ダウンステッチが見えないように縫製し、すっきりとした印象。肌に当たる部分には滑らかな起毛のモールスキンを使用しているので着心地も良好です。生地、縫製等すべて日本製というのもこだわる大人の男性にとって嬉しいところ。

注目の「シンダウン」を使用したコート

normal_c6779840.jpeg
EDIFICE – THIN DOWN ウールフーデットステンコート [SALE] ¥35,640 (税込)

イタリアのNIPI社が開発した世界初、特殊なシート状のダウン「THIN DOWN」を採用した『EDIFICE』のフードコート。通常のダウンのデメリットである、ボリューム感が抑えながらすっきりとした仕上がりになっているのが特徴です。もちろん、ダウンの防寒性はそのまま。今なら注目のダウンをセール価格で。

軽くて動きやすいダウンブルゾン

normal_f1a8c2b1.jpeg
EDIFICE – PE/pu ストレッチ ダウンブルゾン [SALE] ¥11,340 (税込)

『EDIFICE』から、ハイネックフードでシャープなシルエットのダウンブルゾン。ストレッチのナイロン/ポリエステル表地を使用し、動きやすい仕上がり。ダウン特有のボリューム感を抑えつつも、暖かくて軽いのでタウンユースに最適ですね。

すっきりしたシルエットのダウンが多かったので、スーツの上から着るのもアリですね。

アプリでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足
【SHOP BLOG】ネクストハブアグッドデイ?〈アボンタージ〉のカットソーが入荷です!

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド