FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

無類のミリタリー好き編集部の独断。今欲しいのは「王道と変化球の間」

忘年会、新年会、新年セール、引っ越しによりすっかり財布の中身、ATM残高が空っぽになってしまった僕(編アシS)が今にでも欲しいものをご紹介。編集長ライターSは春物へと物欲スイッチをシフトする中、僕はまだまだこの時期使える冬物と靴をセレクト。共感乞います。

DEAD STOCKのレベル7パーカ

ss01755
DEAD STOCK – GI GEN III APCU LEVEL 7 PARKA ¥30,240(税込)

MA-1、N-3B、M-51、B-6、イタリア軍、ドイツ軍などなど、それなりにミリタリーアイテムを集めている身としてはこの時期、これが欲しくなるんですよね。この「LEVEL7」と「DEAD STOCK」という響きは、いつ何時聞いても心地よいものです。中綿に採用されたダウンの8倍の暖かさを持つと言われるプリマロフトに、シェルは超撥水のEPIC、ミルスペック恐るべしと言える段違いの機能性。それでいて、ライトな着心地。たまらんです。Tシャツ一枚にこれで東京の冬は大丈夫だとかで、ピック。

ヒラキヒミ。のP-38

ss01754
ヒラキヒミ。 – P-38 ¥59,400(税込)

思わずアイテム名で「おっ」となったアイテムがこれ。かの有名な怪盗をイメージしてデザインされたという1足に用いた木型は、なんとブランドオリジナルで製作した「LUPIN」。初期シーズンは見てない分マニアと言えるほどではないですが、金曜ロードショーで張り付くように観ていた思い入れのある作品をここでお目にかかるとは。とはいえ、それだけの理由で欲しいのではなく、純粋に見た目がかっこいいから。それとしっかりしたモノづくりの背景がスタッフさんのコメントを通して見えたからです。うまく言うとしたら、怪盗に「僕の心を盗まれた」感じですかね。

CROWNのダンスシューズ

ss01753
CROWN – ダンスシューズ ¥7,560(税込)

さしてダンスに夢中になった思い出はないけど、こういった系統のシューズは大好物。しかしながら狙っていた黒は入荷待ちらしく、ため息が漏れてしまうところ。このお値段でこのデザインのものが手に入るとなったら、みなさん飛びついてしまうのは当たり前ですよね。自分は入荷するまで、正座して待ってるとします。

CEASTERSのイージートラウザー

ss01756

CEASTERS – EASY TROUSER ¥13,824(税込)

先人たちの教えでは「楽な道と茨道があったら茨道を選べ」なんて言葉があるけれど、僕は楽な道を進みたい。それは着るものにも同じことが言えていて、ウェストのきついパンツよりダルダルのイージーパンツが好き。そんな自分にぴったりだなと思ったのがこれ。BURELのウール生地を使って、しっかりとした保温性を確保。そしてなんといっても、このシルエット。イージーパンツながら、スッキリとしていて野暮ったさがないんですよね。これは欲しい。

年中、ブルーハーツの「夢」状態に陥っている僕ですが、いつごろこの物欲が収まるのか。貯金する宣言を繰り返し、早4年。当面は貯金するのを諦める所存。洋服を買い漁ることにします。あー、でも引っ越しがやってくる。。

MORE FOR YOU

スニーカーの雰囲気は突然に #ととのいま品
【SHOP BLOG】生地はヴィンテージっぽく、シルエットは今っぽく。〈DESCENTE ddd〉のコーチジャケット
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド