FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

今や冬のマストアイテム。『Barbour』のオイルドジャケットの威力

ss01757
Barbour – BEDALE SL MWX0318 ¥52,920 (税込)

定番ゆえに敬遠してしまう気持ちはあるものの、それでも懐に備えおきたいアイテム

PARABOOTSのシャンボードやLevi’sの501、カナダグースのダウンジャケット、GLOVERALLのダッフルコートなど玄人までも魅了するアイテムたち。そんな古着としても名を残すブランドアイテムと並んで確固たる地位を築くのが、『Barbour』のビデイル。デザイン性の高いルックス、オイルドコットン特有の愛くるしいまでの匂いなど、定番として親しまれるこのアイテムの魅力を今回は綴っていきます。

1980年に乗馬用ジャケットとして誕生した『Barbour』のビデイル SL。街着用のアウターとは一線を画し、乗馬用としてデザインされている分、ユニークなディテールが垣間見えます。着丈はヒップが隠れるほどの比較的短めに設定され、乗馬の際に苦にならぬよう脇には身動きが取りやすいサイドベンツが設けられています。フロントにはハンドウォーマーと立体ポケットが配され、内ポケもバッチリ。これ1つでサコッシュ代わりになってしまう優れもの。さらに、ライニングは英国で廃番となった伝統のドレスゴードン。俗にいう、タータンチェックがあしらわれています。

表地は冒頭でも記したブランド代名詞のオイルドコットンが採用。着込むごとにエイジングを楽しめ、ケアによってはエイジングにより味のある表情に。それでもって、冬アウターをこのお値段で手中に収められ、減価償却云々を考えたらかなり優秀。多くの側面から見ても大人の愛用品、被り承知でも欲しい定番品ですよね。

MORE FOR YOU

ナイキのナイロンショーツ、ペンデルトンのブランケットetc.|今週末の買い物メモ#01
ハイプ過ぎない「地味Sup(地味なシュプリーム)」のススメ #編集部のラジオ
アウトドアでも使いたい、見た目グッドな街アイテム5選。
2着目のジャージもやっぱり〈アディダス〉でした。 #ととのいま品
ヴァンズ派?コンバース派?定番ローテクスニーカーの買い替えリスト
もっと早く欲しかった!GORE−TEXのジャックパーセル #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで