FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

冬も春も大活躍の「ダウンベスト」。プロが選んだのはこの4着

春用の薄いダウンベストはありますか?

そろそろダウンの季節は終わり…かと思いきや、これからの時期はダウンベストが活躍してくれます。今の時期はインナーダウンとして、少し暖かくなったらアウターダウンとして着られるから重宝すること間違いなし。車での移動や電車移動の時でも脱がなくていいのがまた一つの魅力です。

ということで、今回はショップスタッフがオススメしてくれた、信頼たるブランドのダウンベストたちをご紹介!大寒波で今季で一番暖かい服装が求められる今、セールでお安くなっているのもあるのでぜひチェックを。

旅先でも活躍してくれるパッカブルなダウンベスト

normal_fe5db5a1.jpeg
ROCKY MOUNTAIN FEATHERBED×JS – クルーネックダウンベスト [SALE] ¥15,660 (税込)

毎シーズン高い人気を誇る、『Rocky Mountain Featherbed』のダウンベスト。こちらはジャーナルスタンダードとの別注アイテムで、ダイヤモンドデザインと、ステッチワークに合わせたポケットの配置がポイントです。表地には非常に軽量ながら強度の高い光沢のあるリップストップ、ダウンには撥水加工されたヨーロッパ産ホワイトダックダウンを採用とクオリティも申し分なし。パッカブルなので旅先でも活躍してくれそうですね!

アウターベストとしての高いポテンシャル

normal_6ca810aa.jpeg
PYRENEX – エスペレット ベスト ¥30,240 (税込)

フランス発の実力派ブランド『PYRENEX』のエスプレットベスト。表地には非常に軽量でありながら、防風性に優れたナイロンタフタ素材を採用したもの。同ブランドが誇る、ハイロフトのフランス産ダックダウンを使用することで保温性もしっかり確保。アウターベストとして高いポテンシャルを秘めた逸品です。

王道ダウンウェアブランドの別注アイテム

normal_1291699a.jpeg
CRESCENT DOWN WORKS – 別注 Classic down vest COTTON RIPSTOP ¥62,640 (税込)

信頼できるブランドのダウンが欲しいけど人とかぶるのは…という人は、アメリカの老舗ダウンブランド『CRESCENT DOWN WORKS』にウォルナッツが別注したダウンベストはいかがでしょう?別注ポイントは、表地に採用したミリタリーを彷彿とさせるコットンリップストップ。非常に耐久性が高く、万が一裂けてしまっても信仰を防いでくれる生地です。アウトドアの王道に別注したレアなモデル、買い逃して後悔しないように。

使い勝手の良い、キルティングベスト

normal_e1266656.jpeg
HOSU – QUILTING MILITARY VEST/KAHKI,BLACK ¥14,040 (税込)

最後はダウンではありませんが、使い勝手の良い『HOSU』の中綿キルティングベストを。薄手の生地感と細身のシルエットは、コートのインナーとしてはもちろん、春先のトップスとして活躍してくれます。左胸にはシンプルなスタイルのアクセントにもなるポケット。合わせる色さえ間違いなければどんなスタイルにもフィットしてくれる優秀なベストです。

春先にはメインで、この冬は保温性にもコーディネートにもプラスワンとして働いてくれるダウンベスト。基本的に買い換えるアイテムではないので一枚持っておくと便利ですよ!

アプリでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足
【SHOP BLOG】ネクストハブアグッドデイ?〈アボンタージ〉のカットソーが入荷です!
オーガニック産マギーズギャングソックス #ととのいま品
【SHOP BLOG】春と言えば「ブルーストライプ」。カットソー専門ブランドから爽やかなシャツが届きました

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド