FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

「こだわりの生地」にご注目。オフの日でも使えるセットアップ5選

休日も着れるセットアップ
昨今のセットアップ人気を支える要因の一つは、着るだけで“成立してる感”を演出してくれることにあると言えます。それがゆえに、休日で着るにはカッチリしすぎてしまうことも。

そこで今回は、セットアップの印象を大部分負っている生地に焦点を当て、オフの日でも使えるカジュアルなセットアップをピックアップしました。朝の準備の時短にも貢献してくれるセットアップ。要チェックです。

コットンライクな生地で弱点克服

normal_98593943-1

ジャーナルスタンダード – 【KANTIAN】4WAYストレッチ DRY CHINOジャケット ¥15,120(税込)

春らしい素材で選ぶなら、ジャーナルスタンダード神戸店が提案する4WAYストレッチジャケット。化繊素材が多いなか、見た目や肌触りはコットンライクなのに撥水性や伸縮性に優れているという、素材開発からこだわった一着です。シルエットは細身で程よくフィットし、裏にZIPポケットが付くなど、トラベルジャケットのようなディテールにも注目。

2つの意味で幅を広げるコーデュロイ

normal_98593943-1

EDIFICE – BELESTO / コーデュロイジャケット・パンツセットアップ ¥27,540(税込)

トレンドの素材であるコーデュロイなら、秋冬はもちろん、まだ肌寒い冬と春の間の季節に活躍してくれます。ニットと合わせれば上品な印象、シンプルにカットソーやシャツと合わせればスタイリッシュでカントリーな印象を演出できます。インナー次第で季節、着こなし共に幅が広がります。

ON・OFF兼用の王道ウール

normal_98593943-1

STILL BY HAND – マルチファブリック ウールジャケット JK0373 ¥41,040(税込)

オンでもオフでも使える素材というと、王道のウールでしょう。『STILL BY HAND』のウールジャケットはやや短めに着丈が詰められていてカジュアルな雰囲気を纏っていますが、中縫いポケットでステッチを表に見せないシンプルなデザインはフォーマルな場でも活躍してくれます。そしてこちら、平織や綾織など組織の違う素材を同系色でまとめたクレイジーパターンなんです。大人の遊び心感じる一着です。

シワにならないヘビロテ最有力ジャケット

normal_98593943-1

EDIFICE – Ny/Pe STRETCH 2ボタンジャケット ¥17,280(税込)

日常的に、そしてオールシーズン着られるジャケットを探している方には、『EDIFICE』のテーラードジャケットがオススメ。素材はカチオン糸のポリエステルで、ウールのようなメランジ感が魅力的。シワになりにくく、ソフトで扱いやすく生地感です。気負いせずガンガン着れるので、ついついヘビロテしてしまうのでは。

ストリートで着たい大人のジャケット

normal_98593943-1

ROTAR – Twill Ciassical 3B JKT ¥38,880(税込)

ストリート育ちの大人なら『ROTAR』のジャケットと相性が良いはず。春先はインナーにTシャツを、ボトムスにはチノやカーゴパンツ、そして足元にはスニーカーと、とことんカジュアルに着たい一着です。他に用意されているベストを合わせるならクラシカルに着こなすなんてことも。

基本的にセットアップは上下のアイテムが同じ素材になってくるので、一式揃えておけばフォーマルでもカジュアルでも、自然とまとまりのある大人な印象を与えます。あとは季節感などを上手く選べば、毎回スタイリングに悩む手間も省けます。この機会にクローゼットに一式どうでしょうか?

アプリでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

サロモン、ホカオネオネ…秋に履きたいスニーカー3足
ゲームシャツはモテない #編集部のラジオ
色出し抜群のご機嫌カラーアイテム8品。
ビジネスで使えるチノパン。おすすめブランド10選
一着は欲しいハードシェル。安心のアウトドアブランドから選びました。
最近のアークテリクスの人気についてどう思いますか? #編集部のラジオ

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介
  3. いま街で人気のメンズキャップブランド15選。
  4. 知らなきゃ損。日本発の国産スニーカーブランド6選
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。