FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ラフな感じが最高!「春に着たいカジュアルアウター」特集

暖かい日差しが待ち遠しい

この時期になると一度や二度考える方も多かろう「春、何着ようか問題」。ニット、スウェット、シャツなど選択肢は人それぞれですが、今年の春は例年以上にライトアウターに注目したいところです。今冬は大寒波に煽られ、挙句の果てには降雪とガチガチの防寒対策を余儀なくされたため、来たる春は軽快な装いにシフトしたいですね。

そこで今回は、気負わない感じのライトアウターを中心にご紹介。春の訪れに想いを馳せながら、ぜひご覧ください!

気負わないマウンパ

original_d3bacb91
JOURNAL STANDARD – シーサイドクロス マウンテンパーカー ¥22,680 (税込)

マウンテンパーカーらしからぬ都会的な雰囲気がクールな『JOURNAL STANDARD』の一枚。ネイビーの落ち着いたカラーリングは様々なコーデとの相性バッチリです。さらに胸ポケットにはレザーが施され、良いアクセントに!これなら街着として気負わず着用できますね。

ネクストヴィンテージと名高いデッドストック

????????????????????????????????????
DEAD STOCK U.S.MILITARY(デッドストック・アメリカ軍) – BLACK 357 BDU JACKET ¥10,584 (税込)

1997年、わずか一年間のみ生産されていたというデッドストックのBDUジャケット。フロント部分には4つのフラップポケットが配置され、生地にはリップストップと、実用的かつ機能的に長けた出来栄え。この手のアイテムは、ネクストヴィンテージとして年々希少価値が高まってきているのでぜひ手にしておきたいところです。

ガバッと羽織るスケートカルチャー

original_e99b8f67
ONLY NY – Derty Coach Jacket ¥14,040 (税込)

『ONLY NY』からはオーソドックスな見た目に胸元のロゴが映えるコーチジャケットを。スポーティーな印象のシャカシャカしたナイロン素材は肩肘張らずにガバッと羽織ってしまうが吉。昨今のトレンドであるストリートカルチャーを彷彿させる一枚です。

軽快な春の装いに馴染むデニム

original_772bbe52
セブンスセンスフォークロア – デニムショップコート ¥23,544 (税込)

シンプルで上品なシルエットデザインにデニム生地という意外な組み合わせが面白い、こちらのショップコート。岡山産の上質なデニム生地の採用や小さめの襟、長すぎない着丈、水牛の角を使用したボタンなど、細部まで拘られた一品です。大きめにあしらわれたポケットは軽快な春の装いの一助に。

土臭くないヒッコリー

original_60879d38
POINTER BRAND – HICKORY STRIPE CHORE COAT ¥23,760 (税込)

ワークウェアの代表的ブランド『POINTER BRAND』からは、爽やかなヒッコリーストライプが特徴的なカバーオールを。ワークウェアらしい佇まいを残しながらも、長すぎない着丈や程よくタイトなシルエットにより土臭さを払拭しています。あらゆるコーデと好相性の汎用性の高さが魅力的な一枚です。

春物のアウターの購入はどうしても後回しにしてしまいがちですので、一枚持っておくだけでも差がつくアイテムですよ。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由
スニーカーの次にパラブーツ(PARABOOT)を履く理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. 大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。