FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

プロが選ぶ「攻めのアウター」。玄人向けのスカジャン3選

戦後、横須賀に駐留していた米軍が、お土産として刺繍を施したジャンパーを作ったことがスカジャンの始まり。そんな長い歴史を知らずしても、そのオリエンタルで男らしいデザインはやはり魅力的なんです。一着羽織るだけで存在感を演出してくれるので、便利なライトアウターとしてもぜひ備えておきたいところですね。というわけで今回は、ショップスタッフが勧める秀逸なスカジャンをご紹介!

由緒正しき「東洋テーラー」に別注

normal_98593943-1

ジャーナルスタンダード – TAILOR TOYO×JS /ACETATE TWILL SUKA ¥45,360(税込)

まずは、始めてスカジャンを米軍基地に納入した“港商商会”を前身とする『東洋テーラー』にジャーナルスタンダードが別注をかけた一着から。柄や生地だけでなく、リブや刺繍糸に至るまでがオリジナルで選定されていて、細部までこだわりが感じられます。スマートな柄使いと華やかな柄使いのリバーシブル仕様で、その日のコーディネートによって選べる点も嬉しいですね。

ヴィンテージを昇華したデザイン&素材

normal_98593943-1

ROTAR – Pioneer Spirit Skajan ¥44,280(税込)

お次は、男らしくも遊び心あるアイテムを手がける『ROTAR』のスカジャン。「箱舟」をイメージしたという、カラフルで豪華絢爛な刺繍が目を引きます。素材にはヴィンテージライクなサテン生地を採用し、裏地には中綿が入ることで風合い・保温性ともに文句なし。国内生産の本格志向なクオリティも見逃せないポイントです。

本格派のクオリティを低価格で

normal_98593943-1

HOSU – SKA JACKET (DRAGON&TIGER) ¥21,384(税込)

中目黒のHOSUは、数々のスカジャンブランドを手がけるメーカー『スイッチプランニング』のアイテムを提案。虎・龍・鷹が施されたオーソドックスなデザインながらも、精密な刺繍が荘厳な雰囲気を醸します。リバーシブル仕様で、裏面は無地になっているので、裏返すことでトラックジャケット感覚で着られるのも◎。本格的な作りながら、2万円ほどで買えてしまうコスパの良さにも注目です。

ラグジュアリーブランドがデザインソースとして採用したり、多くのモデルが着用していたりと、話題に事欠かないスカジャン。優等生なアウターに飽きた方は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

ナイキのナイロンショーツ、ペンデルトンのブランケットetc.|今週末の買い物メモ#01
ハイプ過ぎない「地味Sup(地味なシュプリーム)」のススメ #編集部のラジオ
アウトドアでも使いたい、見た目グッドな街アイテム5選。
2着目のジャージもやっぱり〈アディダス〉でした。 #ととのいま品
ヴァンズ派?コンバース派?定番ローテクスニーカーの買い替えリスト
もっと早く欲しかった!GORE−TEXのジャックパーセル #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで