FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

「オシャレのプロ」はこれを選ぶ。絶妙なシブさのコーデュロイトップス7選

コーデュロイのトップスを探しています。

今までは「おじさんくさい」といったイメージがあったけど、いざトレンドになってみてみるとそのシブさも良く見えてきて。特にここ最近は、数多くのブランドがいい塩梅のデザインを発表しているから、なおさら気になってしまいます。というわけで今回は、その中でも、プロが推すコーデュロイトップスだけをピックアップしてみました!春に大活躍間違いナシなので、要チェックですよ。

ありそうでないフード付きデザイン

normal_98593943-1

LEFTY O’DOULS – HOODED CORDUROY SHIRT ¥10,584(税込)

1959年にスタートし、質実で意外性のあるデザインで人気を博す『LEFTY O’DOULS』のコーデュロイシャツ。青空のように発色良いブルーの生地は差し色としても優秀です。首元にフードのついたデザインも新鮮で、他のシャツとはまた一味違ったラフな印象に。レイヤードの要からコーディネートの主役まで幅広く活用できる逸品です。

シルエットの違いは、背中で語る

normal_98593943-1

セブンスセンスフォークロア – インディゴ コーデュロイシャツ ¥14,515(税込)

お次は、インディゴで染色した細畝コーデュロイを用いた、上質な光沢感のシャツ。最大の特徴は袖と見頃の縫い目が一直線になった背面のデザインで、それにより美しく立体感あるバックシルエットを作り出しています。プルオーバーライクなフロントデザインにも遊び心があり、シンプルな中に他では見られないこだわりが感じられますね。

レトロな配色に一目惚れ

normal_98593943-1

ROTAR – Corduroy Open Color Shirt ¥14,040(税込)

ユニークで男らしく、的確にツボをついたアイテムを展開する『ROTAR』のオープンカラーシャツ。パターンから仕上げに至るまでの全てを国内で行った、質の良さが魅力です。胸元のさりげない刺繍も絶妙な差し色となり、どこかヴィンテージライクな印象に。細畝のコーデュロイ素材だからこその落ち具合も良く、程よいリラックス感で着られそうです。

“あの”スタイリストとのコラボデザイン

normal_98593943-1

is-ness – AHA EDITORIAL CORDUROY M65 ¥48,600(税込)

2001年にスタートし、革新的なクリエイティブワークを展開する『is-ness』によるM-65です。雑誌『POPEYE』にてスタイリストを務める長谷川氏とのコラボで生まれたこちらは、太畝のコーデュロイを用いた個性的なルックス。シルエットもかなりルーズに作られていて、インナーの着込みやすさや単体でのインパクトも申し分なし。シティボーイに憧れたことがあるなら、ピンとくる方も多いのでは?

永く着られる、中綿入りジャケット

normal_98593943-1

SASSAFRAS – FEEL SUN HALF + CORDUROY/BEIGE ¥36,720(税込)

架空の人物、スティーブ・ゴダートが立ち上げたガーディングウェアブランド、というユニークなコンセプトの『SASSAFRAS』によるジャケット。裾近くまで続く長いポケットのようなデザインが目を引き、ワークウェアの趣を感じつつも一味違う佇まいです。首元には風除けのチンストラップが付き、中綿が入ることで防寒性能もバッチリ。使い込むほどに生まれる経年変化も併せて楽しみたいですね。

シブいの一言で終わらせない気品

normal_98593943-1

LE LABOUREUR – コーデュロイ ワークジャケット ¥31,104(税込)

業界内にも根強いファンが多い、フランス最古のワークウェアブランド『LE LABOUREUR』のジャケットです。光沢感ある生地と、美麗なシルエットはワークウェアらしからぬエレガントさ。さらに、3つのフロントポケットと1つの胸ポケットを配す、基本的なディテールも完備。いなたさとフランスらしい気品が両立した、好バランスな1着です。

大物メゾン出身らしい、高品質

normal_98593943-1

DE BONNE FACTURE – OVERSIZED OVER SHIRT ¥35,640(税込)

エルメスで経験を積んだデザイナーによる、質実剛健なブランド『DE BONNE FACTURE』のシャツ。生地にはボリューム感あるイングリッシュコーデュロイを使用して、シャツらしからぬタフさを備えています。さらに、サイドにはポケットが配されていて、羽織としての使い勝手も◎。シャツと羽織どちらでもイケる汎用性で、カジュアルコーデには手放せない相棒になってくれそうです。

アイテム一つ一つの個性が求められる春は、“素材感”が取り柄のものに頼りたいところ。まずは、いま気分なコーデュロイ素材から攻めてみてはいかでしょうか?

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

アメカジがキテる?今アメリカのスタンダードが求められている件について #編集部のラジオ
ワンマイルバッグ、小物収納のことなら〈ミステリーランチ〉のゾイドバッグにお任せあれ
夏でも履けるドクターマーチン?あのスイコックとのコラボモデルが販売中。#JOURANAL STANDARD
早めに買うが吉!アメリカブランドの定番ショーツ3選
NIKEのCROSS TAINERが気になる! #編集部のラジオ
編集部がGWにやりたい3つのこと。

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで