FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

シンプルだから上質さが際立ちます。『salvy;』のストライプシャツ

original_e3b8a8eb
salvy; – Typewriter Standard Shirt ¥25,920(税込)

春はパステルカラーやデニム、柄物が似合う季節。冬は例年以上に防寒に徹しきた分、春は軽快な装いを心掛けていきたいですよね。そこで今回は、『salvy;』のTypewriter Standard Shirtをご紹介。常日頃見慣れたストライプ柄ですが、このシャツは普遍的なそれとは生地、シルエット、ディテールの全方向からその違いを味わうことができます。

生地には、タテ・ヨコ共に80/1コットンを高密度に打ち込んだストライプタイプライタークロスを採用。そのためコットンながら、パリッとしたハリ感のある仕上がりに。また、滋賀県は野洲地方の伝統的な加工と樹脂加工、タンブラーで丹念に揉み込むことで、ナチュラルでソフトな風合いと独特なシボ感を表現しています。スタンダードシャツのルックスながら、身幅はゆったり、シルエットは立体的と、こだわりどころは満載。かなり優秀です。

おそらく、着る人を選ばないこの類のシャツ。春は決まってシャツという方も、馴染みがない人も、バランスやディテールがアップデートした「定番」を楽しんでみてはいかがでしょう?

original_3a9f37d0

original_c478141f

MORE FOR YOU

アウターを脱いでもだらしなくないセントジェームス(SAINT JAMES)のカットソー
究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方

RANKING

  1. 究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。