FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

春の鉄板「ネイビーブルゾン」。プロはこの3着を選びます

春アウターが欲しくなる季節。

2月も後半を迎え、来る春のために春アウターが欲しくなる頃です。候補としてはスプリングコートやジャケットなどいろいろとありますが、個人的には長いシーズン使えて、軽快に動けるライトアウターがオススメ。特にネイビーのブルゾンは春の鉄板でもあるので、最初に見ておくが吉。ということで、ショップスタッフのおすすめブルゾンたちをご覧ください!

要注目ブランドの変形スイングトップ

normal_98593943-1

MAINU – emergency swingtop ¥57,240(税込)

まずは今シーズン要注目のブランド『MAINU』のスイングトップをチェック。1940年代のイギリス軍で使用されていたエマージェンシージャケットの仕様を、クラシカルなG-9タイプのスイングトップに付与したという面白い一枚です。身幅、腕周りともにゆったりしていて、ジャケットや厚手ニットの上からも余裕で羽織れるというのも嬉しいポイント。

良い意味でのチープさが唆るブルゾン

normal_98593943-1

CAMPUS・BLUE BLUE – ZIP JACKET NAVY ¥14,580(税込)

こちらは、ヴィンテージ市場でお馴染みのアメリカブランド『CAMPUS』に、『BLUE BLUE』が別注を掛けた一枚。1960年代のジップジャケットの仕様をそのままに、着丈や身幅を現代的にアレンジ。程よいショート丈なので、この春にも引き続きトレンドのワイドパンツとも相性はバッチリです。

シャツの上から羽織りたいノーカラーブルゾン

normal_98593943-1

HOSU – COLLARLESS MA-1 JACKET ¥12,960(税込)

MA-1をベースにしつつ、ノーカラーですっきりと仕上げた『HOSU』のブルゾン。アメリカのスーツによく採用されているセンターベントを取り入れるなど、カジュアルでありつつ品の良さも持ち合わせた一枚です。カットソーの上からラフに羽織ってもいいですが、ノーカラーなのでシャツと合わせてレイヤードを楽しみたいところ。

 

この春は、僕もネイビーのブルゾンを買い足しました。少し着痩せする色でもあるので、冬太りも隠してくれると良いなと思います…。

MORE FOR YOU

水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに

RANKING

  1. スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
  2. スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
  3. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。