FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

細部のこだわりがたまらない。「一流デニムブランドと渋谷の老舗」の定番コラボジャケット

original_eb8b9a98
LEE × JOHN´S – カウボーイジャケット ¥32,400(税込)

春はデニムジャケットがアツい。「個性が光る逸品」だけを集めました。」という記事でもご紹介したこちらのアイテム。トレンドの発信源である渋谷にて、30年以上お店を営む老舗「JOHN’S CLOTHING」と三大デニムメーカーに名を連ねる『LEE』との渾身のダブルネーム。これはピックアップしないとバチが当たる。なんてことで、今回はこちらの一着の魅力をお伝えしていきます。

名品にして過渡期モデル、『LEE』の44’S RIDERS 101-Jをベースに製作されたこちらの一着。一般的なジージャンとは違う、ルックスから見て取れますが、キーはディテ―ルにあるんです。

現行では両胸に配置されたているフロントポケットは、片側のみに。ただならぬ雰囲気をここで感知できますが、まだまだ。ドーナツボタンには「LEE COWBOY」と刻印されたオリジナル仕様。アクションプリーツにリベットを配されたバックデザイン。アームにはダブルステッチと当時のデザインを忠実に再現された“こだわり”が伺えます。また今作はカウボーイジャケットに乗ずるが如く、襟と袖に施されたスタッズからはウェスタンの雰囲気漂うものに。

いやはや、ここからLEEのバックグラウンドを綴りたいところですが、長々しくなると同時に、より有益な情報を持つJOHN’S CLOTHINGのスタッフさんの元へ足を運ぶが吉です。


インターンS

春はデニム、夏は柄シャツ、秋はブラウンカラー、冬はミリタリーと、清少納言の『枕草子』、ヒルクライムの『春夏秋冬』の如く季節を楽しむ性格。

MORE FOR YOU

アウターを脱いでもだらしなくないセントジェームス(SAINT JAMES)のカットソー
究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方

RANKING

  1. 究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。