FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

春のメインアウターに決まり。今欲しい「王道スウィングトップ」

一枚あれば何かと役立つ

スタイリングが思うように決まらない時、ちょっとした外出の時、そういった時に思わず手に取ってしまうスウィングトップ。一枚羽織るだけでもなんだかサマになってしまう不思議なアイテムです。

ただそういった便利屋的なイメージが先行し、若干損な役回りを持たされがち…。そこで今回は、王道チックなデザインでありながら、メインアウターとしても十分に活躍するスウィングトップだけをご紹介。ぜひご覧ください!

こだわりが垣間見える一枚

normal_98593943-1

juha – SWING TOP ¥37,800(税込)

『juha』のスウィングトップは上品な光沢感とショート丈が特徴的。スタイリッシュなルックスながらも、ドルマン気味に設定されたアームホールやゆとりを持たせたネックなど、着用感にもこだわったデザインがグッドです。クセのないフォルムで様々なスタイリングに対応できる、非常に頼り甲斐のある一枚。

どこかノスタルジックな佇まいが◎

normal_98593943-1

CAMPUS・BLUE BLUE – ZIP JACKET ¥14,580(税込)

1920年代にアメリカ・オハイオ州にてスタートした『CAMPUS』にBLUE BLUEが別注をしたスイングトップです。ベースは、1960年代に同ブランドで展開されていたジップジャケット。全体の仕様は変えずに着丈や身幅を現代的にアレンジし、懐かしい雰囲気と様々なコーデとの親和性を両立させた傑作です。かつてエルヴィス・プレスリーも着用していたとされる由緒正しきブランドの、当時の雰囲気を肌で感じてみてはいかがでしょう。

シンプルなデザインにインパクトのある手刺繍がクール

normal_98593943-1

HOSU – HAND EMBROIDERED SOUVENIR JACKET(WHITE B ¥34,560(税込)

バックのシロクマの手刺繍が強烈な印象を与える『HOSU』のスーベニアJKT。一見するとコーデが難しそうなアイテムですが、王道的なシルエットとシックなカラーリングで意外とどんなスタイルにもハマるのが嬉しいポイントですね。温かみのある手作業の刺繍が絶妙なアクセントになってくれます。

王道なデザインながらも、こだわりが詰まったアイテムばかりでしたね。どうせスウィングトップを買うなら、一枚でもかっこよく決まる一枚が欲しいものです。そういうものの方が、末長く着られて、愛着が湧きそうではありませんか?この機会に、ぜひ一度検討してみてはどうでしょう。

MORE FOR YOU

地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足
キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品
ビルケンシュトックのチューリッヒ、チャンピオンのTシャツ(80’s)etc.|今週末の買い物メモ#05

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選