FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

「汎用性の高さに驚きます。」プロが選ぶ、一着は欲しい便利なスウェット

いざ、着用してみると気づく、恐ろしいほど高い汎用性。

ニットほどデザインアクセントがなく、シャツほどかしこまっていない。その中間に位置するスウェット。ニットやシャツでは補えない領域を担ってくれる、春のトップスの筆頭でしょう。

今回はショップスタッフがオススメする、この時期持っておくべきスウェットをご紹介。手持ちのアウターとの合わせもバッチリですので、手中に収めるべしです。

ブランド定番のチェーン刺繍が今年も

normal_98593943-1

ROTAR – Thin Chain Sweat ¥8,964(税込)

ブランド定番のワンポイントチェーン刺繍が施されたトレーナーが今年もリリース。肉厚な生地感と裏起毛した温かみのあるスウェット生地を採用し、今年もアメカジらしい凛々しい一着へと仕上がっています。さり気なくとも主張のある胸元の刺繍はクラシカルな印象を与えますね。冬に着用しても問題ない保温力も備えているため、息長く使える一着です。

意外と新鮮なこのバックプリント

normal_98593943-1

Champion – プルオーバーパーカー Back Print/別注 ¥9,936(税込)

胸元のカレッジプリントでお馴染みの『Champion』のパーカーですが、こちらはなんとも目新しいバックプリントがあしらわれた一着。90’sのムードを残しながら、新たにパターンからルーズ&ボックスシルエットへとモディファイされ、従来のそれにない絶妙な型へと仕上がりました。巷に溢れる同ブランドのスウェットアイテムですが、一味違うモノを選びたいなら迷わずコレ。

斬新なデザインは王道のアイテムにも健在

normal_98593943-1

is-ness – KUSUGURU NEEDLE HOODIE ¥32,400(税込)

スウェットとフィッシャーマンニットをニードルパンチという手法で波打つようにドッキングさせた『is-ness』のプルオーバーパーカー。見た目のインパクトだけでなく、立体的な首回りを表現するネックデザイン、裏起毛させたスウェット、ヘリンボーンを使用したドローコードと、ディテールへのこだわりも流石のもの。とことん主役として活躍させたい一着です。

定番アイテムはいいモノを

normal_98593943-1

HOSU – USA COTTON LONG SLEEVED HOODIE ¥10,584(税込)

王道のグレーパーカーもちょっとリッチにいいモノを携えたいなら『HOSU』のカリフォルニアコットンを使用した一着がオススメ。生地には高い強度、型崩れしにくい特性、着るほどに味が出る本場・アメリカのものを採用し、高い技術を誇る日本で縫製されています。デザインで趣向を凝らさず、生地の良さを最大限活かすためのシンプルなデザイン。定番品でいいモノを持っておくと、短いスパンで買い足すことがないので費用対効果が高いですよ。

今後も楽しみなサーフブランドから

normal_98593943-1

oakland surfclub – new wave crew ¥14,040(税込)

カリフォルニア州オークランド発、MADE IN USAを突き通す『oakland surf club』からは、西海岸の雰囲気漂う一着をピックアップ。アメリカ製ということもあり、タフさはお墨付き。デザインは西海岸のサーフスタイルらしい、フロントプリントのみのシンプルなもの。合わせるパンツはデニムで。スタイルをより強めるならキャップを上乗せして。

プルオーバーは一枚着として潜在能力を開放してくれ、トレーナーはレイヤードの陰の立役者になってくれます。この時期に持っておくと本当に便利ですよ。ちなみに、僕も今年はトレーナーを買おうとしているところです。

またアプリでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

サロモン、ホカオネオネ…秋に履きたいスニーカー3足
ゲームシャツはモテない #編集部のラジオ
色出し抜群のご機嫌カラーアイテム8品。
ビジネスで使えるチノパン。おすすめブランド10選
一着は欲しいハードシェル。安心のアウトドアブランドから選びました。
最近のアークテリクスの人気についてどう思いますか? #編集部のラジオ

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. いま街で人気のメンズキャップブランド15選。
  3. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. 知らなきゃ損。日本発の国産スニーカーブランド6選