FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

一着で春らしさ全開。ショップスタッフが提案する「綺麗めデニムシャツ」5着

デニムアイテムを身に着けたくなる軽快な春の季。それも男臭いデニム本来のそれではなく、どちらかというとパステルカラーにもちょっと似た、綺麗めで明るめな色目のデニム。今回はショップスタッフがオススメしてくれた、そんな季節感バッチリのデニムシャツをご紹介。注目は生地ということで、こちらも踏まえてご覧ください。

ドレス感もありつつの一着

normal_98593943-1

SECOURS – 80/3デニム ボタンダウンシャツ” ¥10,584(税込)

『SECOURS』のボタンダウンシャツは、80番手の細いスーピマ糸を3本撚り合わせて作られた高級デニム生地を採用したもの。高密度に織られたことにより生まれたハリ感と、糸本来の肌触りの良さを備えた仕上がりです。ラグジュアリーブランドもこぞって採用する生地に加え、“ドレス縫製”と、恐れ入る一枚。

この汎用性にすがろう

normal_98593943-1

JOURNAL STANDARD – デニムレギュラーシャツ ¥9,720(税込)

上質な日本製コットン素材で仕上げたこちらのデニムシャツ。スッキリとした癖のないシルエットで合わせるアイテムを選ばない汎用性の高さがウリ。この類の一着は持っておいて損なしです。私的には、ジョガーパンツのような癖のあるシルエットのアイテムと合わせるとスタイリングに抑揚がつくかと。

老舗生地屋はやっぱりいいね

normal_98593943-1

EDIFICE – MONTI DENIM ワンピースカラーシャツ ¥16,200(税込)

こちらは、イタリアの老舗シャツ生地メーカー MONTI社の生地をインディゴ染めしたワンピースカラーシャツ。それも、アイスウォッシュのような淡いカラーリングに仕上がった、いかにも春らしいルックスです。原綿から一貫して生産するこだわりが強い同シャツ生地メーカーのものだけあって、風合いも妙。EDIFICEならではのタイトフィッティングと相まり、雰囲気ムンムンです。

今っぽくそれでいて、デニムも楽しめる

normal_98593943-1

nest Robe CONFECT – Cotton Linen Denim Wide Shirt ¥21,600(税込)

生地に綿麻デニムを使用し、デニム本来のパッカリングやディテール部分のエイジングを楽しめるよう加工を施した一枚。身幅をたっぷり取ったワイドシルエットに加え、カバーオールのようなポケットとデザイン性の高さを感じさせます。トレンドを踏まえ、アップデートされたこのデニムシャツ、これは早い者勝ちになりそう。

王道にちょっと捻りを

normal_98593943-1

Upscape Audience – 麻混デニムナローカラーボタンダウン長袖シャツ ¥8,424(税込)

綿の柔らかさと麻の涼やかなシャリ感を兼ね備えた、薄手のデニム地のシャツ。王道のボタンダウンでありながら、襟はシャープにナローで、フォーマルで上品な印象を与えます。しかしホワイトステッチがカジュアルな要素を含め、ラフなスタイリングも難なく。

良いデニムシャツは永く、使っても飽きません。デニムアイテムはとりわけ納得いくものを買った方がいいですぞ。

またアプリでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】これくらいの太さがちょうどいい。大人が穿きたいイージートラウザー
いま欲しいノースフェイスの服ってある? #編集部のラジオ
クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足
【SHOP BLOG】本物のアメリカンウェア。トレイズマンのペインターパンツが好評です!
スニーカーの雰囲気は突然に #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド